ポップの女王ことマドンナ御大が、8月16日についに60歳のバースデー、つまり還暦を迎えました。パチパチパチ。私が初めて買った洋楽のテープ(時代ですね)がマドンナの『ライク・ア・ヴァージン』。可愛くてセクシーで挑発的でとびきりおしゃれで。この世には、スターになるべくして生まれたような人がいるんだなあと思ったものでした。そのマドンナ様が、還暦を迎えるなんて…。私も歳を取るはずです(涙)…!

さて、資産額1120億円を越えるスーパースターのマドンナが、記念すべき60歳の誕生日をどうやって過ごしたのかというと、モロッコの豪華ホテルで5日間、バースデーをみんなで祝い続けたみたいですよ。

 

Madonnaさん(@madonna)がシェアした投稿 -

こちらがマドンナの誕生日パーティでの様子。

滞在した4つ星ホテルのリアド・エル・フェン・ホテルは、一泊500ドル以上するラグジュアリー施設。3つのプールとピアノ・バーがあるそう。ここでマドンナのバースデー当日には、朝の4時まで宴が行われ、マドンナの曲は一切演奏されない代わりにモロッコの民族音楽が演奏され、ゲストは全員モロッコ風の衣装がドレスコードに。

ちなみに気になるマドンナのエスコート役ですが、意外にもメンズの姿はなく、子供たちだけを伴っていたとか。2008年に映画監督のガイ・リッチーと離婚してからは20歳以上も歳下のグッドルッキング・ガイを侍らせているマドンナですが、ガイと結婚していたときのマドンナの発言はとても幸せそうで、彼女が幼いときからずっと探し求めていた心の安定を手に入れたように見えていたので、今、60歳になったマドンナの隣には、ガイが居ればよかったのにな〜、なんて思ってしまいました。離婚の原因はどうやら亭主関白で束縛が強いガイにマドンナが疲れてしまったようだけど、あのままガイと一緒に居たら今みたいに美容整形しすぎたりすることなく、穏やかな日々を迎えていたんじゃないかと。

2016年にはビルボード主催の音楽賞授賞式のスピーチで、女性差別が未だに音楽業界が存在していると発言したマドンナ。女性たちに求められているのは、「男が望む存在になること。そしてもっと重要なのは、男と一緒にいるときに他の女性たちが落ち着いていられるような女にならなくてはいけないこと。年を取ってもいけない。なぜなら年齢は罪だから。年を取ると批判され非難され、ラジオでかけてもらえなくなるのよ」というコメントには、音楽界の反逆児としてデビューし、今も戦い続けているマドンナの戦士のようなスピリットを見た気がしました。マドンナの心の平穏は、いつ訪れるのかな。それとも永遠に世間や自分の限界に挑み続けるのが、彼女の人生なのかな。

最後に彼女がエイジングについて語った名言を綴りたいと思います。

「やりたいことや、なりたいものに年齢制限があるなんて信じない」

気高い心を持つ獅子座の女戦士、マドンナらしい言葉。年齢を理由にあきらめていることに本当は年齢制限なんてないとしたら、あなたは今、何をしたいですか?