びきゅーなさんからの質問
Q. 感じの悪い同僚がいます。
ストレスにならない関係を築く方法を教えてください。

会社員です。職場の同年代のある女性から、嫌な態度を取られます。たとえば挨拶を無視する、話をしても「はい」「いいえ」以外言わない、など。直接何か言われるわけではないのですが、いい気持ちはしません。私は社交的なタイプで、どちらかと言うと目上の人からも好かれるほうなので、他の人からは「嫉妬では?」と言われます。仕事仲間としてストレスにならない関係を築くことはできないでしょうか?(38歳)

特別ゲスト 田村耕太郎さんの回答
A. 同僚が仕事上大事な人物なら
徹底的に戦略を練って
自分の仲間にしたほうが良いと思います

どんな環境でも、まわりに感じのいい人しかいない、ということはまずありません。ですから、感じの悪い人との付き合い方は、きちんと身につけておきたいものですよね。僕は新聞社や国会議員といった生き馬の目を抜くような世界を経験して、自分の仕事上の目的において大事な相手かどうかを見極め、それによって自分の出方を考える、という方法を取るようになりました。つまり、その感じの悪い同僚が、びきゅーなさんの仕事においてそれほど重要でない人なら、敵にしない程度の表面的な付き合いに止め、深く関わらなくて良いと思うのです。反対に自分の仕事上重要な相手だと思われたなら、仲間にしたほうがが良いと思います。そのためには同僚の心をしっかり読み、情報を集めて同僚の利益になることや仕事上における目的を探り、その利益や目的のために協力してあげると良いでしょう。これは非常に時間もエネルギーもいる作業ですから、その同僚が本当に自分にとって大事な人か、しっかり見極められてくださいね。

ただお話を伺って僕が感じたのは、びきゅーなさん自身も感じていらっしゃるように、同僚はびきゅーなさんに大変関心があるのだと思います。となると、もし仕事上関わりのある相手ではなかったとしても、「冷たくすると嫉妬や逆恨みからびきゅーなさんの足を引っ張る可能性がある」という点において、“仕事上大事な人物”になってくると思うのです。ですから敵にしてしまわないよう、適度に相手をしておいたほうが良いでしょう。自分に関心を持っている人を無視すると、時として大変なことになります。実は僕も国会議員時代、同じような経験をしたことがあるのです。僕の場合、その人をあまり相手にしなかったため、手痛い反撃を食らって大変反省したものです……。そういう観点からも、今のびきゅーなさんの同僚に対する態度は、大変良いのではないかと思います。無視されてもとりあえず挨拶はするなど、ストレスにならない範囲でコミュニケーションを取り、同僚の戦意に火をつけないよう気をつけられてください。

PROFILE
  • 田村耕太郎(たむらこうたろう)国立シンガポール大学リー・クワンユー公共政策大学院兼任教授。ミルケン研究所シニアフェロー、インフォテリア(東証上場)取締役、データラマ社日本法人会長。日本にも二校ある世界最大のグローバル・インディアン・インターナショナル・スクール顧問他、日、米、シンガポール、インド、香港等の企業アドバイザーを務める。データ分析系を中心にシリコンバレーでエンジェル投資、中国・インドのユニコーンベンチャーにも投資。元参議院議員。イェール大学大学院卒業。日本人政治家で初めてハーバードビジネススクールのケース(事例)の主人公となる。著書に『君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか?』(マガジンハウス)、『野蛮人の読書術』(飛鳥新社)、『頭に来てもアホとは戦うな!』(朝日新聞出版社)など多数。 この人の回答一覧を見る
 取材・文/山本奈緒子 

 

ライフスタイルのお悩み回答者一覧