kyrさんからの質問
Q. 口うるさい義理の姉を静かにさせる方法はないでしょうか?

義姉が何かと口うるさい。来月おこなわれる義母の法要に、嫁いでる娘夫婦まで入れて、わざわざ総勢6人でやってきます。 「お供えのお返しはいらないから」とわずかな額を包んで来ますが、お葬式のときにお返しがなかったと大騒ぎされたので半返しするつもりです。 義父が生きてはいますが、いるだけで費用はすべて私たち夫婦持ちになります。 いつまで娘気分でいるつもりなのでしょう。(50歳)

特別ゲスト 田村耕太郎さんの回答
A. お仕事を理由に逃げるのが 一番相手の怒りを増幅させない方法だと思います。

義理のご両親と同居されているのか、夫がどのようなスタンスなのかなど、詳細が分からないので具体的なアドバイスを差し上げにくいのですが、どのような状況においても不快なものからはできる限り逃げる、これが一番です。ただし下手な逃げ方をしてしまうと、『私たちのことを避けている!』と相手の敵意を増幅させてしまいますので、そこは気をつけられてください。

もっとも無難に会ったり話したりする機会を減らせる方法は、仕事を言い訳にされることです。kyrさんがもし今働かれていないのでしたら、フルタイムでなくとも、働きに出られるのはいかがでしょう? そうすれば会う時間が減るのはもちろん、「仕事中だったから」と電話も出なくて済みます。そうやって連絡がつかない時間が増えれば、義姉も諦めてあまり電話をしてこなくなるかもしれません。留守電を残される可能性があるようでしたら、留守電設定にはしないで、「仕事中は携帯の電源を切らないといけないので」と言うなど、圏外になる工夫をされてください。「いつも電話がつながらないわね」と嫌みを言われたら、「法事の費用がかかるから稼がないといけないんです」と言ってみてはいかがでしょう? 義姉も、返す言葉がなくなるのではないでしょうか。

それでもたまに法事で会わなければならない……、これだけは我慢されたほうが良いと思います。会うのが嫌だから法事に呼ばない、といったことをしますと、どんな反撃を食らうか分かりません。損失が大きすぎますので、法事だけはぐっとこらえて相対されてください。

kyrさんはこれからも義姉と、義理のお父さんの介護という接点が発生してくるでしょう。誰が主に介護されることになるかは分かりませんが、義理のお父さんが介護状態になれば、義姉がkyrさんに連絡をしてくることは増えると思われます。そのときのためにも、今仕事を始めておくことで、逃げられる環境を整えておいたほうが良いかと思うのです。いい年齢になった大人の性格を変えるのはほぼ無理です。ですから義姉の娘気分を治させよう、という解決策は考えられないほうがいいでしょう。時間の無駄に終わる恐れがあります。それよりも、義姉が文句を言ってくる元気がなくなるときまで、お仕事を言い訳に逃げる、僕は断然そちらをオススメいたします!

PROFILE
  • 田村耕太郎(たむらこうたろう)国立シンガポール大学リー・クワンユー公共政策大学院兼任教授。ミルケン研究所シニアフェロー、インフォテリア(東証上場)取締役、データラマ社日本法人会長。日本にも二校ある世界最大のグローバル・インディアン・インターナショナル・スクール顧問他、日、米、シンガポール、インド、香港等の企業アドバイザーを務める。データ分析系を中心にシリコンバレーでエンジェル投資、中国・インドのユニコーンベンチャーにも投資。元参議院議員。イェール大学大学院卒業。日本人政治家で初めてハーバードビジネススクールのケース(事例)の主人公となる。著書に『君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか?』(マガジンハウス)、『野蛮人の読書術』(飛鳥新社)、『頭に来てもアホとは戦うな!』(朝日新聞出版社)など多数。 この人の回答一覧を見る
 取材・文/山本奈緒子 

 

ライフスタイルのお悩み回答者一覧