皆さんは、女性による女性のためのランニングイベント、「ランガール★ナイト」を知っていますか。

主催者は、走ることが大好きで、ランニングを通して広がる可能性を信じる女性たちによる「一般社団法人ランガール」。2010年にゼロから作られ、第一回大会を成功させたときには、数多くのメディアが驚き、大きく取り上げました。

その後、決して現状に満足しない、諦めない彼女たちによって毎年バージョンアップし、9回目となった今年、惜しまれつつもファイナルを迎えることに。2020年の東京オリンピックを前に、会場やコースとなっていた台場地区の一部が使用できなくなるということが、今回が最後となった大きな理由のようです。

9月8日(土)、台場はランガール★ナイト9年間の成果を祝福するように、素晴らしい晴天に恵まれました。

実はランガール★ナイトの立ち上げより前のことですが、私は雑誌『FRaU』にいて、「走る女は美しい」というランニング特集をよく組んでいたんです。その特集によく登場してくれていたのが、ランガールのメンバーたち。それが縁で、最初は「ランニング大会を作りたい」と相談にきてくれ、第一回大会からメディアパートナーとしてしばらくご一緒させて頂いたのでした。ランガール★ナイト最後の大会、行かないわけにはいきません!

左がランガール★ナイトの発起人で実行委員長の宇田川佳子さん、右が同じくランガール★ナイトの発起人の影山桐子さん。女性のためのおしゃれなランニング大会を作りたい…と、ゼロからメンバーを集め、協力してくれる団体、企業を集め、大会を見事に実現したのが9年前。それから毎年、一度も中止や大きな事故もなく、今年のファイナルまでやりきった立役者です。人格者で心配性でランガールの価値観を牽引する宇田川さんとブルドーザー的な実行力と類い稀なクリエイティビティで大会を引っ張る影山さん。まったく真逆な性格の二人です(笑)!


ランガールの組織のあり方が素晴らしい


台場のシンボルプロムナードにある会場に着くと、本部前には、懐かしいメンバーがたくさんいました。

ランガールは全員がボランティアで、編集者、PR、金融勤務、スタイリスト、フリーアナウンサーなど様々な職種の女性たちです。以前からランガールって良いなあと思っていたのは、出産、育児、仕事の状況など、各人の事情によって、団体を離れたり、戻ったりすることがよくあること。お互いが自立し、それぞれの生き方を尊重し合っていることがすごくよく伝わってきます。

ミモレでもお馴染み、ヘアメイクアップアーティストの長井かおりさん(左)も、初期からのメンバーなんです。モデルの五明祐子さんは第一回からランガールメンバーとして活躍していましたが、今回はゲストランナーとしての参加に。それぞれができる立場でつながりを持ち続けているところが、私がこのランガールを大好きなところです。
 

組織って、やめるか残るしかないことのほうが多い気がしますが、ランガールに関して言えば、そうではありません。出たり入ったり、出ても別の形で関わり続けたりできるというのが素晴らしいなと。開かれていて、深い信頼関係で結ばれていて、本当に尊敬すべき人たちだと思います。

女優でモデルの蒲生麻由さんも第一回のときからのメンバーでしたが、出産を機にランガールを離れていました。今回はゲストランナーとしてランガール★ナイトに参加。
モデルの大原里絵さんも、結婚・出産・引っ越しを機にランガールを離れていましたが、今年実行委員メンバーにカムバック!
元FRaU編集長の加藤孝広氏も駆けつけました。その姿を見るなり涙が溢れ出してとまらなくなってしまった宇田川さん(笑)。そう、立ち上げのときには、宇田川さんと影山さんにたびたび講談社に足を運んで頂き、どういう座組で大会を運営するのか何度も何度も話し合いました。

 

元FRaU編集部でランニング特集を手がけていた人も多数駆けつけました。ライターとして特集に参加していた人たちもたくさん見かけました。なんだか同窓会みたいだなあ。立ち上げのときから数えると10年。年月の流れを感じます。

元FRaUチームの二人。左は下井香織さん。まさかのゼッケン1番。エチオピアからの招待選手ですよね…?と皆にからかわれてましたが、実際に高速ランナーで、100キロマラソンにも出場しているんです(笑)。右は、元ミモレブロガーでもある笹本絵里さん。二人ともいまはそれぞれ別々の場所で編集者として活躍しています。
そして、ミモレスナップのカメラマンとしてお馴染みの目黒智子さんを発見!ボランティアスタッフとして、昨年より参加しているのだとか。撮られるのが苦手な目黒さん、逃げようとするところを追いかける私(笑)。
走る前にはRisaさんによるポップピラティスでアップを。会場は一体感に包まれ、スタート間近の緊張感が高まってきます。

 

夕方の風が吹き始め、ランガール★ナイト ファイナルがいよいよスタート


夏が最後にやる気を出したとしか思えない酷暑ともいえる一日でしたが、夕方になるにつれて、時折爽やかな風も吹くようになってきました。号砲がなると5キロ、10キロのランナーが次々とスタートしていきます。

少しずつ陽が落ちていくマジックタイム…。オレンジやピンク色に染まっていく空の下で、たくさんの女性ランナーがランを楽しんでいました。

さまざまな色のランガール★ナイト大会Tシャツを着たランナー達がいるのを見ると、ランガール★ナイトの歴史を感じてしみじみ。ゼロから立ち上げたことと同じくらい、9回続けたことの尊さがあります。

最初は二人の発起人からスタートしたランガールでしたが、いまはランガールメンバーの他に、たくさんのランガール正会員がいて、さらにランガール★ナイトの参加ランナーがいる。ランガール★ナイトはファイナルを迎えましたが、今後もランガールの活動は続いていくそうです。

スタイリストの工藤満美さんも第一回からのメンバー。ランガール★ナイトには毎年アフターパーティがあるのですが、そこで行われるファッションショーのスタイリングとディレクションをずっと手がけてきた方です。最初の頃は講談社でショーのモデルのオーディションをしていましたね。ショーのコーディネートを組んだことなども懐かしく思い出しました。ゴール近くでランナー達をねぎらいハイタッチを続ける姿がかっこよかったです…。

ずっとゲストランナーとして参加していた作家の甘糟りり子さんも、今回は本人の強い希望により、ボランティアで参加。ゴールしたランナーにアクエリアスを渡す係として活躍していました。

左が甘糟さん。バブル時代の語り部的な面と、スポーツ大好き&世話好きな面を合わせ持つランガールのお姉さん的な存在!?冷たいドリンクについた水滴でTシャツもびしょぬれになっております…(笑)。
左から宇田川さん、甘糟さん、私、影山さん。六本木のレストランで、大会を作るのでとにかく協力してください!と話したあの日は10年前…!
これは「FRaU」がはじめて一冊丸ごとランニング特集を組んだ号です。マネー特集号の第二特集だったランニング特集をなんとか第一特集にしてもらえないか、編集長にプレゼンしまくって実現。「走る女は美しい」特集は、毎回大反響で、その後またたくまに女性たちの間でランニングブームがおこりました。懐かしい…!


もうブームではない。ランガールもネクストステージへ

「FRaU」でランニング特集を組み、「走る女は美しい」「美ジョガー」など、誌面で提唱したコトバが、今のようにSNSがない時代なのに、どんどん伝播していったあの頃。ブームにワクワクする反面、編集者としてコンテンツは作れるけど、走る読者にイベントを提供し続けたり、走る読者のコミュニティを作ったりすることはなかなかできない…このブームの先に、私はどうしたらいいんだろうと思っていたことを思い出します。

でも、まさに当時の誌面に出ていた人や誌面を作っていた人により、ランガールが立ち上がり、10年続こうとしている。凄いことです。夢のようですね。

ランガールは、2020年にむけ、“Run&”をテーマに掲げ、新たな挑戦をしていくとのこと。ひとつは走りながら地域の防犯に貢献する“&SAFETY”、もうひとつは走りながらゴミ拾いする“&CLEAN”。今後も「走る女性ならではの視点・パワーを生かし、生活を豊かにするアイディアを様々なカタチに変えていく企画集団」として、新たなステージでランを盛り上げていくことでしょう。

ああ、学びしかない…! さて、私たちミモレは何ができるでしょうか…? ランガールのこれまでと未来に思いを馳せながら、ずっと考えを巡らせています。