今回は、3回目のご登場となる樋野興夫先生のご回答を紹介させていただきます。あらためてお伝えしますが、樋野先生は順天堂大学病院にてがん哲学外来を立ち上げられた方。がん患者やその家族の心を支えるべく、日々「言葉の処方箋」を授けられていることで知られています。
また全国にがん哲学外来カフェを展開し、がん患者同士だけでなく、その家族や医療関係者も一緒に交流をはかれる場をもうけてくださいました。その功績は高く評価され、今年、日本癌学会の「長與又郎賞」、また日本対がん協会の「朝日がん大賞」を受賞されています。

 

今回は、病気に関わるお悩みから、「子どもを諦めること」、「加齢による体力の衰えとの向き合い方」といったお悩みにもご回答をいただいております。「解決はできなくても解消はできる」。そんな、大きく心がラクになる樋野先生の言葉の処方箋。ぜひ読まれてみてください。

 
  • 1
  • 2