title
1

50代からのおしゃれ学。こなれた雰囲気を醸し出す冬小物3選

自分の定番スタイルは決まってきているし、体型が変わってきて着る服は似た形ばかり……という人も多いはず。年齢にこだわらず、自由にファッションを楽しむコツは何なのでしょう? 服飾ディレクターの岡本敬子さんのファッションには、彼女なりのルールやコツが散りばめられています。スタイルあるおしゃれの秘密に迫ります。

冬小物① 冬素材の帽子

50代からのおしゃれ学。こなれた雰囲気を醸し出す冬小物3選スライダー1_1
50代からのおしゃれ学。こなれた雰囲気を醸し出す冬小物3選スライダー1_2
50代からのおしゃれ学。こなれた雰囲気を醸し出す冬小物3選スライダー1_3

「ファッションは好きなものを着て、自由に楽しむということが大切です。でも、着ぶくれしてしまったりするのはやはり避けたいところ。背があまり高くない(157cm)私は、全身のバランス感を意識しています。秋冬は、“肌見せ”という抜け感を作る最大の武器を使えないので、目線を上げてくれる帽子はよく登場させます。ハット、ベレー帽、キャスケットが、私の3大冬帽子。帽子をかぶるだけで、目線が上がり縦長シルエットになるんです」
 

冬小物② ボリュームストール

50代からのおしゃれ学。こなれた雰囲気を醸し出す冬小物3選スライダー2_1
50代からのおしゃれ学。こなれた雰囲気を醸し出す冬小物3選スライダー2_2

「ボリュームのあるストールをぐるぐる巻きに。これも帽子と同じく、目線を上げてくれます。また、どうしても暗くなりがちな秋冬スタイルに色を足すのにもピッタリ。ジャガード織り、フリンジやタッセル付き、スヌードタイプ、色ものなど、表情豊かなストールを愛用しています。巻き方次第でスタイリングの印象がぐっと変わるので、アウターを着た後、いちばん最後に、全身のボリューム感と調整しながらストールを巻くのがおすすめです」


冬小物③ かごバッグ

50代からのおしゃれ学。こなれた雰囲気を醸し出す冬小物3選スライダー3_1
50代からのおしゃれ学。こなれた雰囲気を醸し出す冬小物3選スライダー3_2

「夏のイメージが強いかごバッグですが、私は、かごバッグを通年でメインバッグとして投入してます。どうしても重たくなる秋冬スタイルに、いい抜け感を出してくれるのが、かごバッグ。勇気を出して、秋冬こそぜひかごバッグを取り入れてもらいたいです。初心者の方は、秋冬スタイルにすんなり馴染みやすいブラウンの色味が濃いものを選んでみてください。秋冬ならではの重ね着や重厚なアウターの印象に、かごバッグが軽やかにリズムをつけてくれます。ちなみに、私はワンハンドルのかごバッグが好きです」

岡本 敬子

アタッシェ・ド・プレス、「KO」ディレクター。文化服装学院スタイリスト科卒業後、スタイリストオフィスに入社。その後、大手アパレル会社のPR部門にて国内外のブランドのPRを担当。独立し、アタッシュ・ド・プレスとして複数のブランドを担当しながら、2010年に自身のブランド「KO」を立ち上げている。現在はnanadecorにて「KO」ラインを、千駄ヶ谷のショップ「Pili」のディレクションも手がける。instagram:@kamisan_sun

 

『好きな服を自由に着る』

岡本敬子 著 光文社 1500円(税別)


流行りのものを追うだけが、お洒落じゃない。着心地が良くて自分が本当に愛せるものを、いつでも気持ちよく身にまとう。そんな大人は、いつだって楽しそうで、かっこいい。ファッション業界にもファンを多数持ち、あこがれの的であるアタッシェ・ドゥ・プレス 岡本敬子さんによる、初のスタイルブックがついに完成しました。天気や日差しによって着るものを決める。色や柄は大胆に使う。小物をピリリと利かせる。動きやすく快適、だけど上品。めくるめく敬子流コーディネートをたっぷり詰め込んで、ページをめくるたび、ファッションがもっと好きになる1冊です。

文/柿本真希
撮影/馬場わかな

インタビューはコチラ>>>
岡本敬子さんの連載はコチラ>>>