Shibuya
柄合わせも、バランスも。細部に宿る”らしさ”がシャレ見えの秘訣スライダー1_1
柄合わせも、バランスも。細部に宿る”らしさ”がシャレ見えの秘訣スライダー1_2
柄合わせも、バランスも。細部に宿る”らしさ”がシャレ見えの秘訣スライダー1_3
柄合わせも、バランスも。細部に宿る”らしさ”がシャレ見えの秘訣スライダー1_4

柄合わせも、バランスも。細部に宿る”らしさ”がシャレ見えの秘訣

42歳/ジェーンスミス デザイナー/152cm

「柄×柄を楽しみたい気分だったので、ストライプのコートとチェックのジャケットを合わせました。両方ともマニッシュな柄ですし、シックなブラウンをベースにしているので、やりすぎな感じにならず、大人らしさはキープできたかな、と! また、今日は、ロングブーツをボトムス代わりにしました。上半身がロングジャケットにロングシャツと割とボリュームがあるので、下半身はレギンス感覚ではけるブーツですっきりと。」(和井田さん)

撮影/目黒 智子 取材・文/鈴木 亜矢子

NAOKO'S コメント

白シャツが表情を明るくし、全身に清潔感と季節の華やかさを加えてくれます。まだまだ寒い日は続きますが、小さな白があるだけで、辺りを払うような正しさが、おしゃれに生まれますね。ステキ!

和井田 多佳さんの他の着こなしはこちら>>

アウター & ジャケット#ジェーンスミス
シャツ#セリーヌ
リング#アグメス