左は、麻紐とチュールリボンにゴールドのチャームがついたネックレス。中央はシルバー。右はイタリア製の。フェザーとシフォンとビジューのバランスに一目惚れ(とはいえ、いつ、私はこれをつけるんだろう……笑)。


年始に、Netflixで「こんまり 人生がときめく片付けの魔法」を一気見しました。その中で、こんまりさんが「一度、家中の同じカテゴリーのアイテム(主に服)を集めて、一カ所に積み上げて、その山を見てショックを受けることが大切」と幾度となく言うのです。その度に自分の荷物の山を想像し、ショックを受けておりました……(苦笑)。さらに、この数ヶ月、編集長と大学院生という二足のわらじ生活で、とにかく気持ちがいっぱいいっぱい。

という理由もあり、すっかり物欲がなくなってしまいました。「物欲って、気力であり、体力なのだな〜」と思っていたここしばらくなのであります。

1月末にやっと大学院が冬休みに入り……一気に気持ちがほどけたせいか、急にお買い物スウィッチが。そして、休みの日の散歩途中にゆらゆらと足を踏み入れたヴィンテージショップ数軒で購入したのは、なぜかネックレスばかり。どのアイテムをどこで購入したか、メモッておくのを忘れてしまいました、すいません。お詫びに(!?)、戦利品3点をつけて撮影してみました。

  • なぜでしょう、つい勢いで購入。タートルネックのニットはもちろん、タンクトップの上につけたりしたりしても可愛いかな、と(笑)。2500円くらい。
  • こちらは自分で別のチャームをジャラジャラと紐に通しても可愛いな、と。デニムシャツや白Tなどと合わせて、ラフにつけたいです。1200円くらい。
  • こちらは肌にそわせると大人っぽくキマるな、と即決。シャツの胸元をがっつり開けてつけたら、恰好いいんじゃないかな、と夢想して。3000円くらい。


我ながら、ヴィンテージショップでのお買い物感度は高めだな、と思うのですが、いかがでしょうか(笑)?

【おまけ】
今回購入したお店ではありませんが、最近、大森が気に入っているヴィンテージショップはこちら。

THE BRISK(代官山)

THE VINTAGE DRESS(代官山)※THE BRISKと姉妹店です

KIARIS VINTAGE&CLOSET(代官山)

コンテナストア(渋谷)※古着は一部

HOOKED(フックド)(渋谷)

KALMA(下北沢)

今日のお品書き
ダイアン・キートン! 『アニー・ホール』を今までに何回観直してきたことでしょう。ミモレでも、ダイアンのようなハンサムな着こなしをたくさん紹介していきたいな、と改めて。