94

美智子さまの定番!清廉な水玉ルック3選

昭和34年に皇室に入られてから60年間、人々を励まし、癒し、勇気づけてきた美智子さま。ミモレでは5月のご退位の前日まで、今も色あせることのない、日本女性の美、品格、優雅さ、可憐さ、思いやりの心を体現している装いを毎日振り返ります。

この連載でも何度かご紹介している水玉スタイル。白のセットアップに、紺地に白水玉のトップスと帽子を合わせられ、コーディネートを引き締めて。爽やかさと可憐さが際立つスタイルです。昭和39年8月、黒部ダムにて。
昭和42年8月、ユニバーシアード選手村をご訪問された美智子さま。ハイネックのワンピース風ツーピースが、美智子さまにお似合いです。お召し物を主役にノーアクセサリーで、紺色の手袋がコーディネートのポイントに。
若草色のダブルのジャケットとスカートにも水玉を。このバイカラーのバッグとパンプスも、よくセットでお使いになっています。昭和43年6月、東京・国立博物館の法隆寺展へ。

写真はすべて、講談社所蔵写真3万枚超から厳選した貴重なカットです。
この企画は弊社写真部のカメラマンが主に1960~1970年代に美智子さまを撮影したお写真で構成されています。キャプションは過去の資料をあたり、敬称・名称・地名・施設名・大会名・催し物名など、その当時のものを使用しています。古い写真が多く、退色・汚損したものは色鮮やかにデジタル化してよみがえらせています。

 

日めくり31日カレンダー
『永遠に伝えたい美智子さまのお心』

価格 1400円(税抜)
3月7日発売


ミモレでも好評を頂いている連載、「毎日、美智子さま」。
さらにミモレ編集部から、美智子さまの若かりし頃の秘蔵写真と、
日本女性としていつまでも心に留めておきたいお言葉の数々をまとめたカレンダーが発売中。
毎日、毎年使い続けることのできる日めくりタイプ。
お部屋に、机の上に、いつもそばに美智子さまのお心を留めておくことができます。
ご両親や祖父母へのプレゼントにも最適です。

詳細はこちらへ
購入はこちらへ

写真/講談社写真部
構成/片岡千晶(編集部)