みなかみ町営赤沢スキー場にて。

週末は、恒例の家族三世代スキーに行ってまいりました。毎年、空いていて子どものレベルに合ったスキー場を選んでいます。今年は、リフト以外にロープ塔がある、群馬県みなかみ町営赤沢スキー場へ。ロープ塔自体、慣れるまでに少し時間が必要ですが、初心者向けの緩斜面が、息子にも練習し易かったようです。キャラクターなどが設定されていて設備が充実している大型スキー場もたくさんありますが、赤沢のような小規模で地味なスキー場のメリットは、空いているので衝突の危険性も低く目が届くところでしょうか。やはり子どもは上達が早いですね。お天気も良く、楽しかったです!

関越自動車道下りの赤城高原サービスエリアで、日本三大うどんの水沢うどんを。舞茸も肉厚で、天ぷらが美味しかった!
町営スキー場に程近い「湯豆の宿本伝」に宿泊。夕食には、上州牛など。

東京2020大会ボランティアの途中経過

さて、オリンピック・パラリンピックのボランティアに応募しています。ようやくオリエンテーションに招待されたので、日時を選んで参加申し込みをしました。当日の託児については電話で問い合わせるようにとあったので、連絡を取ってみたところ、託児の手配が間に合っていないようで、子連れでも大丈夫とのこと。また近々、実際のオリエンテーションのご報告ができるかと思います。