みなこさんからの質問
Q.
最近、髪にツヤやコシがなくなってきたので、セミロングな髪を思い切ってバッサリと切りたくなりました。ショートヘアで失敗しないコツは何ですか?
DIFINO店長・佐野行俊さんの回答
A.
ポイントは、清潔感のあるツヤスタイルとTOPの立ち上がりで後ろ姿美人になりましょう。

30代後半から白髪やうねり、髪が痩せて頭皮が見えてしまう……など、髪のエイジングに悩まれるお客さまは多いですね。ツヤのあるロングヘアをキープする方もいらっしゃいますが、「時間もない」「そんなに手間もかけられない」という忙しいミモレ世代におすすめしているのがショートスタイル。
今のショートスタイルはバリエーションも豊かで、動きのあるシルエット。そのため、見た目印象も若々しく、アクティブに見えます。
押さえておきたいポイントは3つ。

●    清潔感でツヤのある髪を!
●    TOPの立ち上がりはふんわりを意識して
●    大人女性の色気は80%「後ろ姿」で決まります

根元の立ち上がりにパーマをかければ、ふんわり感をキープできます。しかし、「時間がない!」というのであれば、クイックヘッドスパがおすすめ。短時間でも頭皮の汚れをしっかり落とし、血行も促進。さらに頭皮にボリュームも出るので一石三鳥です。
ショートスタイルの良し悪しを決めるのは後ろ姿。一般的にヘアスタイルは後ろから見られていることが多いので、大人女性に似合うショートカットスタイルで後ろ姿美人を目指しましょう。

style_1
つい最近までロングスタイルだったなら……
フラットボブにするだけで印象は大きく変わります。

 

毛先は内巻になるようにカットすれば、ブローの手間も軽くなります。前髪はサイドに流す長さ、量を調整。小顔効果も期待できますよ。ストレートでもいいですし、クセを生かしたパーマヘアでもOK。
 

style_2
思い切って、ショート! ただし、TOPの立ち上がりはしっかりと。

 

 襟足は短めのショートカットは清潔感がありますよね。襟足から首にかけてキレイに見えるのは、TOPのボリュームがあるから。TOPの髪は短めにカットし、後頭部にかけて丸みのあるシルエットをつくっています。髪の内側から空気を入れながらブローすれば、ふんわり感が出ますよ。お手入れも簡単なスタイルですね。


style_3
こなれ感を出すなら、大人のウルフカットで!

 

もう少し髪に動きを持たせないのであれば、ウルフカットがおすすめです。カット技術がモノを言うスタイルですが、毛先の動きが“こなれ感”を演出。襟足の長さも調整できますよ。襟を立てたシャツスタイルやフェミニンなワンピースなども似合うと思います。


style_4
ミモレ世代に似合う、グラデーションボブ。

 

TOPから耳までの長さのある、ショートボブ。ポイントは後頭部にかけての髪の立ち上がりです。後ろ姿を見る機会はないのですが、つむじのあたりから後頭部までのふんわり感はキープしたいですね。襟足は短くカットしてきちんと感を出ているし、全体にツヤのある後ろ姿もバツグン! ミモレ世代におすすめなスタイルです。

 

カットだけでなく、スタイリング剤を上手に使えばショートカットもグッとおしゃれに。髪質やボリューム、お手入れ方法など気になることはどんどん相談していただきたいですね。是非、トライしてみてください。

PROFILE
  • DIFINO店長・佐野行俊さん
    クセ毛を活かした外国人風ヘアやDIFINOオリジナル「R Cut」を用いたヘアスタイルを提案。4歳と1歳のやんちゃざかりの男の子のパパ。

    DIFINO

    住所/東京都港区南青山5-4-41 グラッセリア青山2F 
    営業時間/ 月・火 10時〜20時、木 11時〜21時、金 12時〜22時、土 10時〜19時、日・祝 10時〜18時 定休日/毎週火曜・第3水曜 tel. 03-5468-3361