Kobe
奥行きのあるレイヤードで、モノトーンルックを親しみやすくスライダー1_1
奥行きのあるレイヤードで、モノトーンルックを親しみやすくスライダー1_2
奥行きのあるレイヤードで、モノトーンルックを親しみやすくスライダー1_3
奥行きのあるレイヤードで、モノトーンルックを親しみやすくスライダー1_4

奥行きのあるレイヤードで、モノトーンルックを親しみやすく

「白と黒の分量で印象が変わるモノトーン。春は白を多めにして、黒と交互にレイヤードすることで、着こなしに奥行きを出しながら、優しい印象に。ヘアはどんどん短くなっていますが(笑)、その結果、耳元と首元のアクセサリーに気を配るようになりました。ハイブランドのジュエリーをTシャツに合わせる、そんなストリート感のある大人のスタイリングが理想です。ストライプのコットンスカートは、丈がランダムなデザインなのでレギンスでバランスを。洋服で柄を取り入れたときは、バッグを小さくするのがマイルールです。」(安田さん)

撮影/渡邉 力斗 取材・文/津呂 香

NAOKO'S コメント

白多め、濃色でエッジを締めた、メリハリのある色合わせですね。どうしても、春は着こなしがぼんやりしてしまいますが、こんな爽やかで、キリッと凛々しい印象が作れたらよいですね。

安田 貴世さんの他の着こなしはこちら>>

スカート#リト
ピアス#ニュエリー
ネックレス#セリーヌ
リング(右小指)#ニュエリー
(右中指)#ブランイリス
シューズ#レペット