こんにちは。

今日は自宅に戻ってTVを観たら、大ショックな出来事が……。

18時50分頃から、ノートルダム大聖堂が火事に見舞われて、今(22時)も燃えている様子。

20時頃の様子。すでに尖塔は倒れてました。。

まだ火災原因ははっきりわかってないみたいみたいです。

消防士さんたちがクレーン車(?)で放水してますが、火の勢いに対してなんだか心もとない。「ヘリコプターとか空中から水を撒いたら?」とも思いましたが、Le mondeのサイトを見たところ、水の重さが逆に建物にダメージを与えてしまうかもしれないので、そんな簡単ではないのだとか。。歴史的建造物なだけに、消火も一筋縄ではないようです。

TVをずっとつけてますが、涙ぐんでテレビのレポートにこたえている女性たちや、近所在住のおじさんなどの姿が出ていて、本当に悲しい。

私のようなパリ新参者でもショックなのに、ずっとあの姿を見てきた人たちにとってはどれだけ心が痛むことでしょう。

テレビで見ている限りですが、薔薇窓などのステンドグラスも、皆割れてしまっているようでした。

私が最後にノートルダム大聖堂の中に入ったのは、いつだったか。4年前くらい?

薔薇窓とステンドガラスが本当に美しくて、もっとちゃんと見たいなと思ったのに、その日は他の用事があったのでささっと出てきてしまったんでした。「また今度、改めて来ればいいや」と思って。

かたちあるものはいつか壊れるというけれど、こんな風に突然やってくるものなのかと……。

本当に、早く火が収まり、被害が甚大でないことを祈るばかりです。