今シーズン新しくワードローブに加えたアイテムが、黒と白の細めストライプの五分袖のシャツ。マディソンブルーのものです。

 

Tシャツ一枚になるにはまだ少し肌寒いという日に着ていますが、Tシャツやタンクトップを着るためのウォーミングアップにもちょうどいい! ということに気がつきました。

この袖がポイントです。タイト過ぎないのですが、ほどよく腕に寄り添う細めの袖丈とその下に続く肘下の絶妙バランスで、気になる腕もキュッと細くなった?という気にさせてくれます。腕のシルエットが抜群に素敵なのです。


シーズン到来!と、久しぶりにTシャツに袖を通すと、「あれ?なんだか様子が違う」と、なんとなく気落ちしてしまう。特にこの数年、毎年通過儀礼のように。

特に私の場合、冬の間に日焼けが薄らいだ腕は、サイズ的に太くなったわけではないのかもしれませんが、なんかだらしなくなっている気がしてしまうんです。ボヨーンとしているというか、だらーんとしている、というか。

そんな残念な腕を出すための意識を切り替えるためのリハビリ期間、慣らし期間として、五分袖シャツはとても有効というわけです。

これまでは七分袖などのカットソーがそうだったのですが、実際に着てみると、より立体感を加えてくれるシャツの方が格段にすっきりと見えます。骨感が強調され、カリッと見せてくれる気がします。

さらにシャツなら、より大人の雰囲気に仕上げてくれます。ドレスダウンもドレスアップも思いのまま。

黒と白のストライプというのも正解でした。クラシカルになりすぎず、今の自分のままに着こなせます。

たとえば、黒スカートと、手元と胸元にアクセサリーを足して会食の日の装いに。カジュアルアイテムと合わせてデイリーにも。

近頃の私のキーワードである「清潔感」も加えてくれる五分袖シャツ、これは本当に買って正解でした。


ただ、このシャツの威力に頼りっぱなしにならぬよう、夏を楽しく過ごすためにも二の腕対策も考えねば!笑

Good day!!

時計・バングル#エルメス
リング(左手)#オーダーメイド
リング(右手)#THE STORE by C'

これまで紹介したコーディネート一覧を見る