クリスタルガラスのオートクチュールと称される、フランスで創業1888年の老舗メゾン「ラリック」

大好きなメゾンのひとつですが、先日、ラリックのブティックが、名古屋に初出店するとのことで、そのレセプションパーティーにお招きいただき、お邪魔してきました。

 

 

名鉄百貨店の1階にオープンしたブティックは、より親しみやすい感じで、ラリックのニューコンセプト「マイ ファースト ラリック」に沿ったアイテムがズラリ。

 

 

クリスタルの美しさを日常的に楽しめるホームウェアやアクセサリー、香水、キャンドル、そしてラリックグループが手がける特別なワインなどなど、、

あ、、ちなみに店頭では、ワインの試飲もできるとのこと、、、

 

ラリックの職人技と世界観を、身近に体感できるこの新しいコンセプトは、私たちには嬉しい限りです。

 

大好きなラリックのギフトアイテムとして、注目しているのは、

 

香水では、「アムール」オードパルファム

 

ジャスミン、ガーデニア、チュベローズといった白い花々に、ネロリ、ローズが加わった、フローラルで女性らしい香り。ボトルデザインも大好きです。

13,500円(税込)

 

ビジューでは、ブラック&ホワイトが印象的な「1927」

創業者であり、コンテンポラリージュエリーの巨匠と言われるルネ・ラリックが1927年と1928年にデザインしたモチーフがベースで、アールデコ様式から着想を得たものだそう。この日のアクリスの白黒ワンピースが、まるで申し合わせたように、「1927」にぴったり。

 

 

そして、ラリックグループによるプレシャスワイン。

女性とぶどうを描いたクリスタルのレリーフがいかにもラリックというボトルがたまりません。「シャトー ラフォリ ペラゲ」750ml  19,440円

 
 

 

 

ブティックでのレセプションの後は、ホテルのレストランでパーティー。

マイクで挨拶なさっているのはラリックジャパンの雜古社長。

 

フランスからこの日のために取り寄せたラリックのプレシャスシャンパンマグナムボトルで、、シャンパンタワー。ラグジュアリーな時間とともに、ラリック愛がますます膨らんだ、贅沢な夜となりました。

 

ちなみに、我が家にも幾つかラリックアイテムがあるのですが、、今キッチンで活躍しているのは、親戚から譲り受けた薔薇模様のロックグラス。

 

ウィスキーではなく笑、ミントの枝を入れてます。

小さなグリーンが、、クリスタルと水と光の陰影でなんとも華やかに。

 

小さくても美しいものを暮らしに少しずつ取り入れるって、いいものですよね。

 

ラリック公式サイト

https://www.lalique.com/jp