にんにくオリーブオイル漬け&鷹の爪を炒めたペペロンチーノをささっと作りさえすれば、あとはモルタデッラとシソ、アスパラソバージュのお浸しを乗っけるだけ。のパスタ。

こんにちは!

このところずっと食べ物の話ばかりしているわ……と思いつつ、今日もまた作り置きの話を。

最近「こりゃ本当に便利だわ〜」と思っている作り置きがあるのですが、それがニンニクのオリーブオイル漬けです。

作り方はとっても簡単。

ニンニクをふた玉くらい用意して、全部皮を剥き、芯を取って、フードプロセッサーでみじん切りになるまでガーッ。

出来上がったものを保存瓶に入れて、ひたひたになるまでオリーブオイルを注ぐだけ。

皮むきが終われば、あっという間にできちゃいます。

つまり、作り置きというか単にみじん切りにしたニンニクをオリーブオイルに浸しただけなのですが、まあこれが驚くほど便利で!

ニンニクをひとかけらとか取り出しては皮をむいて(そしてヨーロッパのニンニクはなんだか皮がすごくひっついてて剥きにくい気がする)、芯を取って、みじん切りにして〜という工程が、丸っと省けてすぐに料理が始められちゃうのです。

以前はパスタを食べようかと考えても「あー、ニンニク刻まないといけないのかー」と面倒になってうどんに変更したりしてました(汗)。

でもこれがあると、ニンニクを炒めてからカットベーコンを投入して、トマト缶を入れて簡単トマトソースの出来上がり〜と、なんならまな板&包丁を使うことさえなくパスタソースができちゃいます。

私はどんどん使うのでそんなに長くは置かないですが、以前作った時は保存も長くできるなーと感じました。

最初の皮むきだけが面倒ですが、あとはもうフープロ任せなので、一気に沢山作っておくのがオススメです。

ところで、にんにくって芯取りますよね? あれ、取らなくても良い?

パスタはとにかく何でも、にんにくの一手間がないだけですごく作りやすくなりました。おかげで我が家のパスタ登場回数が激増中(笑)。