7

「赤」をにじませると元気に見える

 

ミモレ世代のメイクの目的は「元気」に見えること

「キレイな人」だな、と思うのは、元気な人――と、春の特集で大草さんも書かれていたように、私も40代に入ってから本当に深く実感するようになりました。美容行為って、コンシーラーでクマを隠すことも、髪にツヤを仕込むことも、スキンケアに励むことも……結局つきつめていくと、すべて「健康」に見せようとしている行為だな、と。となると、チークとリップの果たす役割は本当に偉大。元気に見える人は、必ず顔に血色感があると思うんから (彩度がある「赤」を選べばそれだけで肌色がトーンアップして見えるからハイライトだって不要になるくらい!)。究極、調子がいい日は、ファンデレスで血色感勝負で「元気」をアピールする日が合ってもいいと思うんです。「メイクで美人に見せよう」とがんばるより、「メイクで元気(健康)に見せること」を意識すると、自然にリラックスした、フレッシュで魅力的な女性に近づけると思っています。

 
ミモレ世代のための血色感メイクのHOW TOをレクチャー
若い世代に流行中の血色感メイクは本当はミモレ世代のものだったのかもしれない!?(編集担当・大森)
撮影/目黒智子