8

「赤」をにじませると元気に見える

 

自然な血色メイクをマスターしよう

STEP1 チーク  とにもかくにも練りチークを使う

 

練りチークはリキッドファンデーションのツヤ感を損ないませんし、肌そのものが上気したように錯覚させる効果が高いので使わなきゃ損です! 手の甲になじませれば、りんごホッペになる心配もありません(笑)。赤みが強すぎるな、赤みを広げすぎたな、と思ったらティッシュでおさえればOK。

 
 

頬の高い位置にそこからぼかしていくイメージです。湯上がりの上気した頬がお手本です。最後に、手に残ったチークをあご先にも(色は感じるか感じないか程度でOK)。頬だけが浮き立つことなく、肌全体のトーンが自然に見えますよ。

 


アイ→リップの順番でメイクをしている方は、アイメイクの前に指に残ったチークを唇にのせておいてください。そうすると、唇の赤みが濃くなることで顔に強さが出るので、アイメイクが強くなりすぎることがありません。いつものメイクをブラッシュアップするためのコツです。

<上から時計まわりに>ほんのり紅潮したように演出することを目的としているだけあって、ほんとうにリアルな血色感! キッカ フラッシュブラッシュ 07 ¥5000(ケース別売り ¥2000)/カネボウ化粧品 肌にとけこむようになじむので、練りチーク初心者の方にもおすすめ。ローラ メルシエ クリームチークカラー ブレーズ ¥2600/メルシス チークにもリップにも使えるクリームタイプ。ハーフマットな質感も絶妙! ヴィセ リシェ リップ&チーク クリーム RD-6 ¥1000/コーセー  しっとりとした感触なのに、なじませると表面はサラリ。リップはアプリケーターを使って直接塗りすればOK。チークはトントンとのせたら指でなじませて。ティント イン ジェラート AT01 ¥2800/シュウ ウエムラ
  • 1
  • 2