72歳の美しきマダム・チェリーのおしゃれと生き方を綴った短期連載は、今回が最終回。最後に、マダムを象徴する艶やかなグレイヘアをいかにしてケアしているのか、毎日のヘアアレンジはどうしているか、大公開してもらいました!

 
店ではまとめ髪が基本。店を始めた頃は、いつも白シャツに黒いエプロン姿でした。パリのカフェのギャルソンのように、きちんとしたスタイルでお客さまをお迎えしたかったの。今は私服を楽しみに訪ねてくださる方も多いので、普段のおしゃれを楽しんでいます。
 


マダムの夜会巻きは30秒で完成!


カフェで働くときは、夜会巻きにしていることが多いマダム・チェリー。夜会巻きは難しいイメージがありますが、マダムは鏡も見ずにものの30秒で仕上げてしまいます!

使うピンは3本だけ。もともとの髪に強いくせがあるので、それがまとめやすさのカギになっているよう。髪がストレートの方は、全体にカーラーで巻いてから結うのがおすすめです。


豊かなグレイヘアのケア法は?


「娘がプレゼントしてくれたアヴェダのパドル ブラシで、朝やお風呂の前などにこまめにブラッシングを心がけています。シャンプー前とタオルドライした後には、モロッカンオイルでマッサージを欠かさずに。髪が傷む気がするので、ヘアドライヤーはあまり使わず自然乾燥してしまうことも」

このシンプルなケアだけで、つやつやとした髪をキープ。「ヘアカットも自分でしちゃうのよ」とのことで、美容院に行くことすらないのだとか!
ありのままの自分を自然に受け入れて、負担にならない程度に、でも大切に髪や肌のケアをする。その積み重ねが、人生の後半も輝く人でいる秘訣なのかもしれません。

マダム・チェリーさんに気軽に会えるチャンス!
8月10日(土)に丸善京都本店のイベント「BOOKCON」講談社ブースにて、マダム・チェリーさんが読者と交流します。オープンイベントなので気軽に立ち寄って、マダムの美オーラにぜひ触れてみてくださいね。

●日時 8月10日(土)15:00~17:00
●場所 丸善京都本店 地下2階 講談社ブース
京都府京都市中央区河原町通三条下ル山崎町251
京都BAL 地下1階・2階

※ミモレ編集部のアテンドはありません。

 

『マダム・チェリーの「人生が楽しくなるおしゃれ」』
マダム・チェリー 著 講談社刊 定価1500円(税抜)


「老化は進化よ!」 70代でモデルになり、そのおしゃれも評判のマダム・チェリーが、毎日の着こなしをたっぷりと紹介! 年を重ねた今だからこそ似合う服やコーディネート、グレイヘアの育て方やアレンジ術など、人生後半のおしゃれを楽しむコツが満載です。

撮影/野口貴司(San・Drago)
インタビュー文/河合映江
構成/生活文化チーム