歩きやすさはもちろんのこと、コーディネートに抜け感を出してくれるフラットシューズ。とはいえ、バランスよく見せるポイントも知りたいところ。素材や色を上手に取り入れスタイルアップする、大人のフラットシューズコーディネートとは? 50人のスタイルサンプル、ぜひご覧ください。

『フラットシューズのおしゃれサンプル50』を一挙に見る>>

春アウターは”スポーティ”がキーワード! 小物の色使いにも注目

NAOKO'S コメント


なんて春らしい! 白や綺麗な色が少量でも入ると、本当に華やぎますね。あくまでも大人のカジュアル、けれどどこかモード、このバランスがおしゃれです!

『フラットシューズのおしゃれサンプル50』を一挙に見る>>


チュニックをほっこりさせない秘訣はセンターシームのパンツにあり

 

RITSUKO'S コメント


チュニックにワイドパンツの今っぽいゆるっとしたコーディネートはナチュラルな素材感もあいまって、ほっこりしてしまうことも。でも、そこはしっかりセンターシームのパンツを合わせて、きりりとした雰囲気を加えることで、うまく大人の着こなしにまとめられていますね。

『フラットシューズのおしゃれサンプル50』を一挙に見る>>


話題のニューブランドのオリジナルパンツが大活躍

 

NAOKO'S コメント


カレンソロジーに、こんなパンツがあったのね! 今年らしい甘めのブラウン、良いですね~。ネックレス代わりの小さなスカーフ使いなど、とても上品でおしゃれ。同時にヘルシーな印象もあって、このシーズンにぴったりです!
 

『フラットシューズのおしゃれサンプル50』を一挙に見る>>


【40代コーデ】一覧ページをみる>>

おしゃれのヒントは、やっぱり街にある「SNAP! SNAP!」はこちら>>

「今日なに着よう」が見つかる「なに着る?検索」はこちら>>

着こなしのトレンドがわかる「今日、なに着てる?」はこちら>>

大草 直子

大草直子
1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。2015年1月よりWEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の編集長、2018年7月には、ミモレのコンセプトディレクターに就任。 近著に 『大草直子のSTYLING &IDEA』(講談社)がある。プライベートでは3児の母。

大草 直子

望月律子
1975年8月15日生まれ。アシスタントを経て、独立。現在は、女性誌、カタログなど幅広く活躍中。ベーシックな定番アイテムでこなれ感を出すスタイルが得意。自宅インテリアなどへの取材も多い。身長162cm。Instagram@ritsukomochizuki