普段かけている人も、そうでない人も。眼鏡をおしゃれ小物として使いこなせれば、いつもの着こなしがグンとブラッシュアップされること間違いなし。知的な印象もプラスされる大人の眼鏡の使い方、ご覧ください。

『眼鏡でおしゃれ度アップ。小物使いコーデ41』を一挙に見る>>

 


眼鏡とクリア小物でクールさを足して子どもっぽさ回避

 

RITSUKO'S コメント


ロゴTシャツにデニムは大人には難しい合わせ。でも、デニムをブルーではなくグレーにして、PVCのバッグとサンダルでクリアな素材感を足すことで、カジュアルをクラスアップさせています。“ロゴTシャツ着てみよう”と思わせてくれるスタイルです。

『眼鏡でおしゃれ度アップ。小物使いコーデ41』を一挙に見る>>

 

セルフォードのセットアップでつくる、NEWコンサバスタイル
 

 

NAOKO'S コメント


コンサバティブで上質なツイードが、こんなにモードになるなんて!透明感のある白肌に、ゆるやかなまとめ髪。自分というアイテムの演出もきれいです!

『眼鏡でおしゃれ度アップ。小物使いコーデ41』を一挙に見る>>

 

ベーシックカラーの差し色も今季はピンクが気分

 

NAOKO'S コメント


シンプルで素敵です。コートのシルエット、パンツの太さ、そしてそれを支える靴のフォルム、眼鏡の色など――さりげないように見えて、実は細かな計算が生きているコーデイネートです!

 

『眼鏡でおしゃれ度アップ。小物使いコーデ41』を一挙に見る>>



【40代コーデ】一覧ページをみる>>

おしゃれのヒントは、やっぱり街にある「SNAP! SNAP!」はこちら>>

「今日なに着よう」が見つかる「なに着る?検索」はこちら>>

着こなしのトレンドがわかる「今日、なに着てる?」はこちら>>

大草 直子

大草直子
1972年生まれ。大学卒業後、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。雑誌「ヴァンテーヌ」の編集に携わったのち、独立。新聞、カタログを中心にスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、広告のディレクションやトークイベント出演、執筆業にも精力的に取り組む。2015年1月よりWEBマガジン「mi-mollet(ミモレ)」の編集長、2018年7月には、ミモレのコンセプトディレクターに就任。 近著に 『大草直子のSTYLING &IDEA』(講談社)がある。プライベートでは3児の母。

大草 直子

望月律子
1975年8月15日生まれ。アシスタントを経て、独立。現在は、女性誌、カタログなど幅広く活躍中。ベーシックな定番アイテムでこなれ感を出すスタイルが得意。自宅インテリアなどへの取材も多い。