部下同士の仲が悪く、職場の雰囲気が悪くなっている……。そんなとき上司はどう対応すればいい? “伝説のPR”と呼ばれる元・SK-ⅡブランドPRの土屋香里さん。これまで多くの部下を一流のPRに育てあげています。でも、やはり人間関係は常に難しいもの。そのとき土屋さんがとった解決策とは!?

めえさんからの質問

Q. 直属の部下2人が犬猿の仲。コミュニケーションを増やしてもらうには?


私は某百貨店マネージャーをしており、年齢はさまざまな部下が50人ぐらいいます。コスメ売場担当の部下二人の仲が悪く、私としたらどちらも可愛いので仲良くして欲しいのですが、なかなか上手くいきません。1人は男性から気に入られるしたたかなタイプです。もう1人は女子受けがよく取引先チーフからも頼られるタイプです。いつも人員不足で悩んでいる環境なので、もう少しコミュニケーションよく仕事をしてくれたら助かるのですが……。私にとってやりやすい方を考えたとき、女子受けが良い子とやっていく方が2人を直属に置くよりいいような事も考えます。これから会社が大きく変わる中、悩んでます。土屋さんも同性同士の部下で悩んだことありますか?(47歳)


土屋香里さんの回答

A. 上司の役目は、任された仕事の結果を出すことと、部下のキャリアをサポートすることです。


はい、周りに恵まれていると自負する私も、長いキャリアの中では似たような経験をしたことも。ですがこの場合、結論はシンプルで、仕事に大きな影響がなければ放っておいて良いと思います。お悩みを拝見していると、犬猿の仲の部下は二人とも優秀なようです。そんな二人が、周囲の雰囲気が悪くなると分かっていても止められないということは、めえさんが間に入って仲直りさせられるものではありません。ですから、仕事の結果に影響がないなら放っておくしかないでしょう。「仲良くしてほしい」というのは、あくまでめえさんの個人的な希望ですので、そこは自分が諦めるしかないと思います。

 
  • 1
  • 2