Nonchanさんからの質問
Q.
全身ブランド品は無理! 年相応なブランド×プチプラのミックスのコツは?

50代の主婦です。カジュアルなおしゃれが大好き。年齢的に良い物を着たいと思うのですが、全部ブランド品でというわけにはいきません。
ブランド品とプチプラ品をどのように組み合わせたら、年相応に素敵になるのでしょうか?

ミモレ編集長大草直子の回答
A.
顔周りには、「予算を集めて」(笑)!

Nonchanさん、こんにちは。ご質問、ありがとうございます。

ハイ&ロー、プライスミックスの方法ですね。わかりました! 細かくお話しすると、もちろんいろいろあるのですが、3つに分けてご紹介します。

①    顔周りには、お金をかける!
まず、1つ目に大切なこと。服ならばトップス。ジュエリーならピアスやネックレスなどの「顔の近くにある」アイテム。これらは、顔の印象に直接、作用してしまいます! だから、この部分には予算をかけましょう。
例えば、トップスなら素材感や微妙な色みなどを吟味して。 夏なら張りのあるコットンやリネン。春や秋はシルク。そして冬は、カシミアなど。「デザイン」に投資というよりは、「素材」に投資するイメージです。
ジュエリーも同じです。顔から遠い手元のアイテムは、ジャンクなものでもOK。ピアスやネックレスという顔のそばのアイテムには、上質な光を――。
実は、これらは、上半身だけでなく、引いてみたときの全身の印象にも影響するんです。

②    値段の高低、緩急をつける
もし10万円予算があったといして、服やバッグ、靴など4点を新調するときしましょう。そんな場合、1アイテム各2万5千円ずつにするのはNG。例えば、トップスは4万円、ボトムスは1万円、靴は4万円、アクセサリーに1万円……というように、プライスにメリハリをつけることが大切です。その人の印象は、プチプライスのものより、きちんと投資したアイテムが決めるのです。

③    プチプライスものものほど、ケアにお金をかける
例えば、黒のジャージードレス。実際私が1万円台で買ったものですが、2回着たら、必ず「おしゃれ着用洗剤」で洗うか、時間がないときはドライクリーニングに出すようにしています。プチプライスのものほど、最良の状態で着ないと、「安っぽく見えてしまう」可能性があるからです。

Nonchanさん、参考になったでしょうか? また是非、ご意見をお寄せ下さいね♡