寒い冬には欠かせないのが暖かいインナー。ユニクロのヒートテックをはじめ、今では高機能&ハイテク素材のインナーをたくさん見かけるようになりましたね。そこで今日は、ミモレで人気のスタイリスト陣に、この冬買ったあったかインナーを教えていただきました!素材や着心地にもこだわったプロのセレクトは必見です♪

スタイリスト望月律子さん
ユニクロのヒートテックインナー

 

保温、発熱、抗菌、静電気防止など快適機能が満載の定番インナー。ネックラインの開きも広く、首元の開いたトップスにも最適。ヒートテック¥990/ユニクロ

RITSUKO MOCHIZUKI


あったかインナーといえば、やはりコレ!みなさんも1枚はお持ちなのではないでしょうか。年々高機能になり、色やデザインのバリエーションも豊富なので、今年も新たに買い足したいなと思っています。

 

 

スタイリスト室井由美子さん
ハンロのキャミソール

 

ハンロの定番「ウールンシルク」のキャミソール。シルク混ウールを使用し、とろけるような肌心地が特徴。キャミソール¥10000/ハンロ(ワコール)

YUMIKO MUROI


冬場も長袖インナーだと暑く感じるタイプなので、ハンロのキャミソールを愛用しています。シルク混なので、汗も吸収してくれて肌触りも抜群。冬場に汗をかいてしまうような時も、快適に過ごせます。

 

 

スタイリスト斉藤くみさん
ユニクロの極暖ヒートテック

 

深めのUネックでアウターに響きにくく、フィット感のあるシルエットでインナーに最適。極暖ヒートテック¥1500/ユニクロ

KUMI SAITO


厚手素材と裏起毛でヒートテックよりも断然暖かいです。これ一枚インナーに着るだけで、アウターに悩まず、中に着込まなくて大丈夫なので重宝しています。色はグレーが使いやすくてお気に入り。

 

 

スタイリスト福田麻琴さん
無印良品のオーガニックコットンインナー

 

衣服内の湿気や汗を吸って発熱する機能を備え、天然素材にこだわった肌着。【左】Uネック八分袖インナー、【右】Vネック八分袖インナー各¥900/無印良品(無印良品 銀座)
 


プリスティンのオーガニックコットンインナー

 

オーガニックコットンブランドのあったかインナーは、ナチュラルな色味も魅力。【左】ナチュラルインナー¥5000【右】ナチュラルタートルインナー¥6300/プリスティン(プリスティン本店)

MAKOTO FUKUDA


インナーは直接肌に触れるものだから、素材にもこだわってオーガニックコットンを使用したものを愛用しています。無印良品の「綿であったかインナー」は、天然素材なので着心地も良いんです。プリスティンのインナーは、オーガニックコットンを100%使用していて、レイヤードスタイルにも使えるおしゃれな見た目もお気に入り。タートルの襟や袖をちらっと見せても素敵です。

 

 

スタイリストNIMUさん
ワコールの「スゴ衣」シリーズ

 

ワコールの機能性インナーシリーズ。継ぎ目の肌あたりを軽減した“肌あたりやさしい”や、保温性が高くしなやかな風合いの“ふんわり、あったか”など、各機能に特化したインナー。【左】黒足首丈ボトム¥4700【右】グレー3分丈ボトム¥3700/スゴ衣 天然素材プラス+肌あたりやさしい【中】8分袖インナー¥3700/スゴ衣 天然素材プラス+ふんわり、あったか(ワコール)
 

NIMU


ワコールから出ている「スゴ衣」シリーズは、コットン素材のあったかインナーで着心地がとても良く、天然素材なのもうれしいポイント。レギンスは丈や色のバリエーションが豊富で、トップスもネック周り浅めやVネックなどを選べるので、合わせる洋服によって使い分けています。

 

 

スタイリスト川上さやかさん
ユニクロの超極暖ヒートテック

 

通常のヒートテック素材よりも2.25倍暖かいという「超極暖」。裏起毛素材で肌触りも良く、極寒地にも対応する暖かさ。超極暖ヒートテック¥1990/ユニクロ

SAYAKA KAWAKAMI


基本暑がりなので、あまりあったかインナーを着る機会が少ないのですが、真冬の雨のロケ、といった時には、ユニクロの超極暖ヒートテックに助けられています。保温性の高さはもちろん、吸水発熱、吸放湿機能も備えているので、快適に過ごせます。

 

やはり、ユニクロのヒートテックシリーズは定番人気で愛用者多数!機能性素材や、肌に優しい素材など、暑がりさんと寒がりさんそれぞれにぴったりのインナーが見つかりますね。次回は、おしゃれのプロが毎年愛用する靴下&タイツを教えていただきます。

<お問い合わせ先>
プリスティン本店 tel. 03-3226-7110
無印良品 銀座 tel. 03-3538-1311
ユニクロ tel. 0120-170-296
ワコール tel. 0120-307-056

撮影/小山洋介
スタイリング/杉本奈穂(KIND)
文/出原杏子
大草 直子

望月律子
1975年8月15日生まれ。アシスタントを経て、独立。現在は、女性誌、カタログなど幅広く活躍中。ベーシックな定番アイテムでこなれ感を出すスタイルが得意。自宅インテリアなどへの取材も多い。身長162cm。Instagram@ritsukomochizuki

大草 直子

室井由美子
1977年生まれ、身長156㎝。シンプルで、ほんのりモードが漂うリュクスなアイテム選びとスタイリングに定評がある。
ファッション誌を中心に、広告、カタログなどで活躍中。夫が営むレストラン「ムロイ食堂」でのマダムとしての一面も。
インスタグラム @yumikomuroi@muroi_shokudo

大草 直子

斉藤くみ
1977年生まれ、身長166センチ。モードからリアルクローズまでトレンドをおさえたスタイリング提案に定評がある。ファッション誌を中心に広告、カタログ、女優、アーティストなど幅広いジャンルから厚い信頼を寄せられている。NORC by the line のディレクターとしても活躍中。インスタグラム@stylist_kumisaito

大草 直子

福田麻琴
女性誌を中心に広告、CM、カタログ、タレントのスタイリストとして活動中の2009年にフランスへ留学。1児の母。身長161cm。mi-molletでは、フレンチ企画などで大人気。著書に 『38歳から着たい服 本当に似合うものだけ少量持つ』(すばる舎刊)、『THE FRENCH STYLE BOOK カジュアルで女性らしいパリジェンヌな着こなし』(KADOKAWA刊)がある。8月にコスパファッションにフィチャーした新刊の発売も予定しており、現在Amazonなどで予約受付中! instagram:@makoto087

大草 直子

NIMU
1980年、東京生まれ。2008年10月に独立後、女性誌を中心に、広告・カタログなどのスタイリングを幅広く手がける。感度の高いスタイリングでモデルや女優などの指名も多い。instagram:@nimu_1021

大草 直子

川上さやか
スタイリスト。大手金融会社のOLからスタイリストに転身した異色の経歴の持ち主。シンプル&ベーシックな中にも上品な女らしさが光る、リアルな通勤コーディネートが人気。初の著書『おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。』も好評発売中。身長154㎝。instagram:@sk_120

第1回「この冬買ったコート」はこちら>>
第2回「この冬買ったニット」はこちら>>
第3回「この冬買ったブーツ」はこちら>>
第4回「毎年愛用している防寒コート」はこちら>>
第5回「この冬買った暖かインナー」はこちら>>
第6回「毎年愛用しているタイツ&靴下」はこちら>>