Roppongi
【スナップ】冬こそ必要! シルク素材の華やぎとジュエリーのツヤ感スライダー1_1
【スナップ】冬こそ必要! シルク素材の華やぎとジュエリーのツヤ感スライダー1_2
【スナップ】冬こそ必要! シルク素材の華やぎとジュエリーのツヤ感スライダー1_3
【スナップ】冬こそ必要! シルク素材の華やぎとジュエリーのツヤ感スライダー1_4

【スナップ】冬こそ必要! シルク素材の華やぎとジュエリーのツヤ感

43歳/コロル  ププティエ デザイナー/162cm

「年齢を重ねて、どこか華やかさやツヤのようなものが必要だなと思うようになりました。ニットなどマットな素材が多い冬は特に素材や質感で抜け感を出すのが大切だなと感じます。今日はスカートを艶やかなシルク素材に、胸元と手元にジュエリーを重ねました。ネックレスはスカートの色とトーンを寄せて、グリーンアメジストとタヒチパールに。手元のリングは華奢なゴールドなので、重ねづけしたボリュームくらいがちょうどいいんです」(小池さん)

撮影/目黒智子 構成/幸山梨奈

RITSUKO'S コメント

マニッシュなチェスターコートにざっくりニットというメンズライクなアイテムに対して、対照的で女性らしいシルクのスカートを合わせたMIX感がちょうどいいですね。ベージュにブルーという配色も素敵です。

小池 陽子さんの他の着こなしはこちら>>