3月に入り、そろそろニットから春らしいトップスに着替えたい気分となりました。そこで、女らしい「華やぎブラウス」のコーディネートをご紹介します。エレガントなスタイルから大人のカジュアルコーデまで、ブラウス1枚で幅広い着こなしが楽しめます。コートを脱いだら、春らしさも満点です!

『【40代コーデ】ブラウス39』を一挙に見る>>
一番上の大きい写真をタップすると、元の記事へ飛びます

 

素材選びが決め手。大人にふさわしい華やぎを

 

NAOKO'S コメント


エレガントとモード、理想のバランスですね。タイの長さ、コートの長さ、パンツの太さ、ヒールの太さ。バランスの取り方が、只者ではない!

『【40代コーデ】ブラウス39』を一挙に見る>>
一番上の大きい写真をタップすると、元の記事へ飛びます

クリーンな春夏の白に映える、デコラティブなアクセサリー

 

NAOKO'S コメント


やっぱり、白のトップスは、着る人を清潔に、明るく見せてくれますね。ネイビー地にドットのパンツとの組み合わせも、季節の爽やかさが感じられます。

『【40代コーデ】ブラウス39』を一挙に見る>>
一番上の大きい写真をタップすると、元の記事へ飛びます

サロペットはボウタイブラウスを合わせて大人カジュアルに

 

RITSUKO'S コメント


ボウタイブラウスの着方がとってもおしゃれですね。ボウタイブラウスはマダムっぽく見えがちなんですが、長いボウタイをあえて結ばずに垂らしたり、サロペットと合わせたりして、見事に大人のカジュアルスタイルに落とし込んでいます。

『【40代コーデ】ブラウス39』を一挙に見る>>
一番上の大きい写真をタップすると、元の記事へ飛びます

ほかの【40代コーデ】を見る>>

おしゃれのヒントは、やっぱり街にある「SNAP! SNAP!」はこちら>>

「今日なに着よう」が見つかる「なに着る?検索」はこちら>>

着こなしのトレンドがわかる「今日、なに着てる?」はこちら>>

大草 直子

大草直子
スタイリスト/WEBマガジン『mi-mollet』コンセプト・ディレクター。ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。2019年4月には新しい個人メディア『AMARC』を立ち上げた。著者は『大草直子のSTYLING&IDEA』ほか多数。
Instagram:@naokookusa @naokookusa_styling @amarc_official

望月 律子

望月律子
1975年8月15日生まれ。アシスタントを経て、独立。現在は、女性誌、カタログなど幅広く活躍中。ベーシックな定番アイテムでこなれ感を出すスタイルが得意。自宅インテリアなどへの取材も多い。