巷で流行っている骨格診断の生みの親である二神弓子さんの最新刊、『骨格診断×パーソナルカラー 似合う服だけでつくる 春夏秋冬ワードローブ』。骨格とカラーを味方につけて、365日自分に似合うおしゃれなファッションを楽しもうという趣旨の一冊です。今回から全4回にわたって、骨格&パーソナルカラー の自己診断方法や、自分に似合うファションを本著からピックアップして紹介いたします。第1回目となる今回は、YES/NOで答えていくだけで、自分の骨格タイプとパーソナルカラー タイプが簡単にわかる診断チャートとチェックリストを特別に公開いたします!

 

左:ニット/スタイリスト私物 スカート/アース ミュージック&エコロジー バッグ/ユニバーサルランゲージ 靴/銀座かねまつ  中:ジャケット/ナチュラルビューティ カーディガン/ファビア スカート/&.ノスタルジア バッグ/カシュカシュ 靴/ビシェ アバハウス   右:ニット/デザインワークス シャツ/マイカ アンド ディール デニム/ヘルシーデニム 帽子/カシラ バッグ/ワイルド シングス×センスオブプレイス 靴/ダイアナ

 

 

骨格診断とは?


肌の質感にハリがあるのか、柔らかいのか。体に厚みがあるのか、薄いのか。関節の大きさを感じる骨格なのか。
その人自身が生まれもった体の特徴を見極め、「似合うファッションスタイル&アイテム」を導き出すのが骨格診断理論で、「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の3タイプに分かれています。

骨格診断は、太っている、やせているなどの体型ではなく、骨組みを見ているので、一生変わりません。なかには、複数のタイプの特徴が入り混じっている方もいますが、「ミックス」という診断はなく、全員が必ず3つのタイプのいずれかに属します。

自身の骨格タイプがわかる琴で、自分にはどんなテイストのファッションが似合うのか、どんな素材が似合うのか、どんなデザインの服や小物を選べばよいかがわかり、ファッションへの迷いが無くなります。


【ストレート・ウェーブ・ナチュラル】骨格タイプをチャートで自己診断

 

簡単な質問に答えていくだけで、自分の骨格タイプがわかります。自分の体の特徴と向き合うのはもちろん、周りの人に意見を聞いてみるのもおすすめです。


迷いやすい【ナチュラルタイプ】はこうやって見分ける!

 

もし上のチャートで診断に迷ったら、こちらの項目も確認してみてください。

自分の骨格タイプの自己診断を迷う理由は、診断の決定打がないこと。骨感はあるけれど実はウェーブなのか、腰位置は高いけれどストレートではなくナチュラルなのか……。このチェック項目でナチュラルタイプか否かをチェック!


【ブルーベース・イエローベース】パーソナルカラー タイプをチャートで自己診断


質問にYES/NOで答えていくだけで、自分のパーソナルカラーがわかります。

 

黄味のある明るく鮮やかな色が似合うスプリング、ソフトなパステルカラーやグレイッシュな色が似合うサマー、深みのあるコックリした色が似合うオータム、ビビッドでシャープな色がよく似合うウインターの4タイプに分かれています。

スプリングとオータムはイエローベース、サマーとウインターはブルーベースに分類されます。

明日から、骨格診断×ベースカラーのタイプ別に似合うコーディネートを(3日間に渡って)ご紹介します。
 

 

<新刊紹介>
『骨格診断×パーソナルカラー 似合う服だけでつくる 春夏秋冬ワードローブ』

二神弓子(著)1400円(税抜)
西東社

骨格診断のパイオニア二神弓子氏の最新作。
骨格診断とパーソナルカラーの基本から、骨格3タイプ×カラー2タイプ=6タイプ別のワードローブ&着回しを紹介。春夏・秋冬に分けた一年の着こなしがわかります。

二神弓子 Yumiko Futakami

株式会社アイシービー代表取締役社長。一般社団法人骨格診断アナリスト協会代表理事。国際カラーデザイン協会パーソナルスタイリスト事業企画委員長。イメージコンサルタントとして多くのビジネスパーソンの印象改革を手がけるとともに、多くの企業研修・コンサルティング事業も行う。著書に『骨格診断×パーソナルカラー 本当に似合う服に出会える魔法のルール』『美顔バランス診断×パーソナルカラー 自分に似合うメイクがわかる』(ともに西東社)などがある。


※掲載の商品は現在販売していないものもあります。了承ください。


撮影/小林美菜子
スタイリング/角田かおる
構成・文/高橋香奈子