令和を迎え、皇后になられてから1年。即位の礼や祝賀パレードでは、眩いばかりの美しさが世界中で話題になりました。聡明さと語学力、ご自身のキャリアを発揮され、海外からの賓客も細やかな心遣いでもてなされるなど、令和の皇室の存在感を示されたのです。

ミモレの『毎日、雅子さま』にて公開中の写真から、そんな雅子さまのファッション&スタイルをテーマごとにご紹介しましょう。
今回は、シンプルなベージュのパンツスーツ。スカーフ、ゴールドやパールのアクセサリーを合わせた、品のある雅子さま流のスーツの着こなしに注目です。

ミモレ読者に人気のコーディネートトップ5はこちら>>
ミモレ読者に人気のコーディネート6〜10位はこちら>>​


写真で振り返る、凛としてマニッシュな雅子さまのコーディネート一覧>>

 


美術鑑賞にはシックで落ち着きのあるスタイルで

 

ルノワール展をご覧になるため、ご一家そろって美術館へ。シンプルなベージュのパンツスーツは、会場にも自然になじんでいます。ネックレスはブラック×ゴールドで、イヤリングは定番の大粒パールです。日本初公開のルノワールの最高傑作「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」をご覧になり、熱心に質問されることも。時間をかけてじっくりと鑑賞されていました。2016年7月26日、東京都港区・国立新美術館にて。写真/毎日新聞社/アフロ


ベージュのパンツスーツにスカーフを

 

京都を訪れ、二条城をご見学に。パンツスーツに柄のスカーフを合わせられて、落ち着きのあるシックな装いです。クラッチバッグ、靴もトーンの違うベージュでコーディネートされています。2017年10月2日、京都府京都市・二条城にて。写真/毎日新聞社/アフロ


雅子さまの定番スタイルで被災地をご視察に

 

柔らかなベージュのパンツスーツで、被災地をご視察のため岩手県へ。ベージュの靴とクラッチバッグ、そしてパールのアクセサリーをコーディネートされ、ご公務に合ったシンプルで動きやすい装いです。小本津波防災センター前で、集まった人たちに手を振られて。2016年6月20日、岩手県岩泉町にて。写真/毎日新聞社/アフロ

 
  • 1
  • 2