人生で何度かのひと休み

 

mi-mollet5周年
おめでとうございます!!
服飾ディレクターの岡本敬子です。

mi-molletはファッション、メイク、食、人生など
あらゆる方向の情報が満載。
そしてなんといっても
今、知りたい事を的確に発信していて
本当に信頼できるメディアだと思っております。


さて、本題。
実は私は人生何度かひと休みをしています。
最初は26歳の時。
バブル真っ只中のアパレル会社に勤務していて、遊びも仕事もめいいっぱいしていました。
楽しいけれど、そんな生活にも徐々に疲れてしまっていて
ちょうどその時に
湘南に引っ越しをした時期でもあり、とにかく身体を休めようと思って
6年半働いていた会社を辞めました。
それなりにキャリアも積んではいましたが、休むことが重要でした。
好きなことして贅沢に1日過ごしたり
食にめざめた時でもあるので
料理もきちんと作ったり、頻繁に旅行やヨーロッパに短期間遊学したのもこの時期。
心身共に穏やかになって
平和で充実したひと休みを過ごして
また仕事に復帰したのです。

次のひと休みは46歳の時。
復帰して12年間働いたアパレル会社を辞めた時。
この時も旅行などしてひと休み。
フラットな気持ちになったところで
フリーランスになり仕事の幅を広げるために
47歳で小さい自分のブランドも立ち上げてディレクションの仕事もすることになりました。

そして、コロナウィルスという
得体の知れないウィルスが人類を揺るがしているこの時期
予期せぬひと休みをしていました。
移動して仕事をしていることも多かったので、それが不可能になってしまいましたが、こればかりはどうにもなりません。
なので、読みたかった本を読み、
しばらく聴いてなかったCDやレコードを改めて聴き直し
外食続きの生活から3食自炊の生活。
(もちろん好きなワインもたくさん呑んで。)
そして、夫婦で早朝ウォーキングを
スタート。
今まで身近過ぎて素通りしていた景色や出来事など小さい幸せを感じる毎日。
そう、幸せは大きいから良いってわけではないのですよね。
勇気がいることかもしれませんが
身体がきつかったらまず緩める。
疲れたらゆっくり歩く。
または立ち止まって足元を再確認する。
人生何度かひと休みをしてますが
その都度気づきを教えてくれる大切な時間だと思いますよ。


前回記事「自分の輪郭を取り戻す」はこちら>>