令和を迎え、皇后になられた雅子さま。聡明さと語学力、ご自身のキャリアを発揮され、海外からの賓客も細やかなお心遣いでもてなされるなど、皇后としての存在感を示されています。

そして雅子さまのファッションを拝見するのも私たちの楽しみのひとつ。ミモレの連載『毎日、雅子さま』にて公開中の写真から、雅子さまのファッション&スタイルをテーマごとにご紹介します。今回は、爽やかで凛としたライトブルーの装い。着物やドレス、スーツまで、優雅で品のある8つのスタイルです。


ミモレ読者に人気のコーディネートトップ5はこちら>>
ミモレ読者に人気のコーディネート6〜10位はこちら>>​


写真で振り返る、凛としてマニッシュな雅子さまのコーディネート一覧>>

 


優雅なドレープが印象的なドレスでお茶会に

 

関西の各界の代表を招いた茶会にご出席に。10月の饗宴の儀でもお召しになったライトブルーのロングドレスを選ばれました。胸元は雅子さまの定番デザインの一つである、優雅なカスケーティング・カラー。ロマンティックなデザインをモダンに、そして凛とした印象になるよう取り入れるのが、雅子さまスタイルです。2019年11月28日、京都御所にて。写真/JMPA

 

上半身にデザインがあるドレスは、乾杯の時にも映える装い。写真には見えませんが、袖口と背中に包みボタンがあしらわれアクセントになっています。ライトブルーは雅子さまがお好きな色の一つで、他にも同じ色のドレスを愛用されています。写真/JMPA

 

ドレスと同じ素材の帽子は、細かなビジューが輝いています。パールのネックレスにはチャームが。写真/JMPA


品のある淡い水色のお着物で皇室外交を

 

来日中のウズベキスタン大統領夫妻を出迎えられる天皇陛下と雅子さま。懇談のあと、宮殿で昼食会が開かれました。雅子さまは淡いブルーの和服でおもてなしされ、話題になりました。2019年12月20日、皇居にて。写真/JMPA・講談社(椎野充)

 

陛下は淡いグリーンのネクタイで、お着物の色ともぴったりです。写真/JMPA・講談社(椎野充)

 

品格ある帯をお太鼓結びに。親しみのある笑顔で皇室外交をなさる雅子さま。大統領夫人とは、日本、ウズベキスタンの伝統や文化についてお話されたそうです。写真/JMPA・講談社(椎野充)


愛子さまとの里帰りは爽やかなブルー×ホワイトで母娘コーディネート

 

初めて1歳9ヶ月の愛子さまをお連れになって、ご実家へ。品のあるブルーのセットアップをお召しになられています。ハイネックのジャケットの胸元にはブローチで輝きを添えて。愛子さまは丸襟の白いワンピースがお似合いです。2003年9月4日、東京・小和田邸にて。写真/ロイター/アフロ


14年前のブルーのセットアップにはバイカラーの靴を合わせて

 

デンマークにご出発される皇太子さまをお見送りに。上写真のセットアップに、雅子さまの定番、白×ネイビーのバイカラーの靴を合わせクリーンなコーディネートです。一つのものを大切に長くお召しになられていることがよくわかります。2017年6月15日、東京都港区・東宮御所にて。写真/毎日新聞社/アフロ

 
  • 1
  • 2