皇后になられてから、聡明さと語学力、ご自身のキャリアを発揮され、海外からの賓客も細やかなお心遣いでもてなされるなど、存在感と輝きを増してきた雅子さま。

 

ファッションを拝見するのも私たちにとって楽しみのひとつです。白やゴールドなど、皇后というお立場にふさわしい色から優しいパステルカラーまで、ご公務の内容に合わせた選択。伝統的な着物からエレガントなドレス、マニッシュなジャケット&パンツスタイルまで幅広い着こなし。ご成婚前のキャリア時代から変わらない雅子さまスタイルが貫かれています。

コロナ禍でご公務などのお出ましの機会がありませんが、ミモレでは今までの写真を紐解き、雅子さまのファッションに注目。知性とエレガンス、そして華やかさがバランスよく表れた、世界に通用する現代の新しい皇后像が反映されているのです。


写真で振り返る、凛としてマニッシュな雅子さまのコーディネート一覧>>

 

山梨県・勝沼のワインカーヴをご視察に。白の半袖のセットアップは、ジャケットの裾がラウンドにカットされ、エレガントな印象。白のパンプス、パールのイヤリング、ゴールドのブローチを選ばれ、シンプルでノーブルな装いです。1996年8月2日、山梨県甲州市・勝沼ぶどうの丘にて。写真/The Asahi Shimbun/Getty Images


キャプションは過去の資料をあたり、敬称・名称・地名・施設名・大会名・催し物名など、その当時のものを使用しています。

構成/片岡千晶(編集部)

関連記事
「【雅子さまと愛子さまの母娘リンクコーデ】色や素材を合わせて仲睦まじく」はこちら>>
「梅雨の肌寒い日にも…雅子さまの「初夏&夏のジャケットコーデ」6選」はこちら>>