ハッチ油さんからの質問

Q.  毎年そうなのですが、体も肌も“夏バテ”してしまいます。


美容液やクリームで栄養補給しても肌に元気がなく、昨年は冬に差し掛かる時期まで不調でした。東京の梅雨明けが待ち遠しい一方で、この夏を上手に乗り切るためのお手入れ法を教えてください。

 


チームmi-mollet 松本千登世さんの回答

A. 洗顔後のまっさらな肌に与える、肌体力アップ美容液を。

撮影/目黒智子

夏、肌体力そのものが落ちる印象ですよね。萎む、痩せる、ツヤやハリがなくなる。私の「不調」は、そんなふうに現れます。ベーシックケアを丁寧に積み重ねることが、肌体力の維持には大前提。そのうえで、洗顔後のまっさらな状態に与えて、土台から力のある肌に導く美容液をプラスしてみるのはいかがでしょうか?

ファンケルから誕生する「コアエフェクター」は、まったく新しい知見から、研究を重ねて生まれたという革新の一滴。ひと足早く、ケアを続けているのですが、ふと気づくと、さまざまなストレスを跳ね返す体力が生まれた気がしています。
肌にすーっと溶け込む絶妙なテクスチャーは、年齢や肌質を問わず、また、スキンケアスタイルを問わず、心地いいと感じるもの。夏の肌体力を維持できると、エイジングサインを跳ね返す、いいスパイラルが生まれるはずです。

肌の奥から力強いハリ肌へ導く先行型美容液。 コアエフェクター 18mL ¥7300(税別)2020年8月20日発売/ファンケル  お問い合わせ先/ファンケル美容相談室 tel. 0120-35-2222
 
PROFILE
 取材・文/長谷川真弓 

 

前回記事「コンプレックスを感じさせない一重メイクのコツ」はこちら>>

ビューティのお悩み回答者一覧