トップデザイナー、クリストフ・ルメールとサラ-リン・トラン率いる、パリのブランド、LEMAIRE<ルメール>とユニクロがタッグを組んで、コレクションを発表しました。10月2日発売開始となる、このコレクションはリラックス感と着心地の良さを追求。着回しの効く日常着でありながら、シックでエレガント。着る人をとにかく前面に出す――「着手(きて)」をリスペクトした、ニットやコート、パンツは、また新しいリアルクローズを提案してくれています。プライスが、ユニクロオリジナルとほとんど変わらない、というのも大きなポイント。このコレクションのマーケティング担当、小池さんに、ネイビーのガウチョパンツの着こなしをご紹介いただきます。(ガウチョパンツ以外も、すべてUNIQLO AND LEMAIREのアイテムです!)

Case

同じくUNIQLO AND LEMAIREの、フーデットコートを羽織って。「本当はメンズのコートを羽織りたいくらい」とおっしゃる小池さんの、今年のキーワードはビッグシルエットのようです。足首が見える丈のパンツは、足元の素肌感が抜け感につながります。大きなコートをばさっと着ても、どこか軽やかなのはそのせい。あ、ライナー付きのこのコートも気になります!

Case

ネイビーと赤――コントラストの強い2色の組み合わせを、本当にナチュラルに着こなしています。フラットなレースアップシューズと合わせた、ガウチョパンツのスタイリングが本当にお似合い♡ クールビューティのお顔立ちもそうだし、ふわりとしたショートヘア(わかります? 固まっていない感じ)が、あまりにおしゃれで、パリの街角で見るリアルクローズに見えます。

Case

タートルニットと、クロップド丈のプルオーバーのニットカーディガンを選んだ、オールネイビーの着こなし。これは、パリの有名なスタイリストが、展示会でとても気に入っていた組み合わせらしく。少しずつ素材感の違うネイビー(このネイビー、照明によっては黒に見えるほどダーク)を重ねているから、シンプルさの中に、立体感と奥行きが生まれるのですね。

THIS WEEK'S ITEM

カシミヤブレンドの上質素材の
主役級ガウチョパンツ

ウールカシミヤガウチョパンツ¥4,990(税別)/UNIQLO AND LEMAIRE(UNIQLO)

程よいワイド感だから、
実はどんなアイテムとも合わせやすい1本
 

カシミヤをブレンドした上質な、ウール素材のガウチョパンツ。ウエストがゴム、そしてセンタープレスの仕様もないので、適度なリラックス感があり、カジュアルにも着られます。カシミヤのハイゲージニット、光沢のあるブラウス、またはミドルゲージのざっくりニットまで――合わせるアイテムを選ばないので、幅広くスタイリングに活用できます。そして、何より色。この深いネイビーは、デザイナーの一押しカラー。ネイビーの濃淡でも、実は黒と合わせても使える、美しい色です。

BRAND STORY
UNIQLO AND LEMAIRE(ユニクロ アンド ルメール)


●問い合わせ先
UNIQLO(ユニクロ)
www.uniqlo.com

 

選び抜かれた素材を使い、流行に左右されないエレガントな日常着をつくりあげること。これが、ユニクロとルメールが作り上げた、ブランドコンセプトです。
着る人が自分らしいと感じられる。心地よくて、いつも着ていたくなる。時や場所を選ばず着こなせる。そんなアウターやニット、パンツやワンピースが、手に取りやすい価格で買えるのです。初シーズンながら、大ヒットを予感させる、シンプルで美しい服が揃います。10月2日(金)よりユニクロ店舗とオンラインストアにて販売スタート予定です。UNIQLO AND LEMAIREのスペシャルサイトはこちらから!

 
  • 1
  • 2