まだまだ日差しも強い、8月。今回は、シンプルな服を「メイク」よりもドラマティックに見せてくれる、『EYEVAN 7285』のアイウェアをご紹介します。いつもとは趣向を変えて、EYAVANのPR、八十岡宏美さんに、3タイプのメガネ、サングラスを付け替えて頂きます。シンプルな着こなしの表情が、まるで違うメイクを施したかのように変化する様を、ご覧ください!

Check

この「フラットサングラス」のレンズの色、何色かおわかりですか? 正解は、シックなネイビーです。黒にすると、この個性的なフォルムがモードに見えますが、ネイビーだと、ぐんと肌なじみがよく、明るくなるから不思議。リップの色との相性も良さそうですね。

Check

どんな顔型にも似合う、ウェリントンをベースにしながら、レンズの下部分には曲線を採用したデザイン。カジュアルで今っぽい「顔」に見えるのが特徴です。Tシャツやデニムなど、ラフなスタイリングとも相性抜群です。フレームの色は、スモーキーな小豆色。

Check

フレームの上下の色が違うメガネ。かけるだけで、少し強めのアイラインを引いたような、おしゃれな表情になるのが◎。八十岡さんの男の子みたいなフレッシュなショートにも、とっても似合いますね♡ アイウェアのリースなどの対応するときの彼女は、いつもこんな感じ。

THIS WEEK'S ITEM

2013年5月にスタート。
顔立ちに最高に似合うEYEVAN 7285

<手前>¥46,000[型番:724 色:2012] <中央>¥42,000[型番:711 色:103] <奥>¥46,000[型番:311 色:318]/すべてアイヴァン 7285  ※すべて税別価格です。

とにかく「かける人」の
タイプを選ばないのは、この3本
 

アイウェアに対する抵抗感がある人も、まだまだいると思うので、今回八十岡さんに選んでいただいたのは、とにかくどんな顔の形、パーツの人も「かけやすい」もの。目元の印象を気分によって変えたいけれど、暑くてメイクも落ちちゃうし……なんていうときにも、やっぱりメガネやサングラスは味方になってくれるのです。Check1[型番:724 色:2012]は、可愛いモードを目指したい人に。Check2[型番:711 色:103]は、今どきのこなれカジュアルに。そして、Check3[型番:311 色:318]は、アイメイクなしに顔の印象を強めたい人にぴったりです! あ、そしてもちろん、日本のブランドなので、日本人の顔だち、凹凸、顔の形にぴったり。鼻から落ちない設計も嬉しい♡

BRAND STORY
EYEVAN 7285(アイヴァン 7285)


EYEVAN TOKYO MIDTOWN
●住所 東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン ガレリア1F E-107
●TEL 03-5413-3560

1972年、”着るメガネ”をコンセプトにスタートした『EYEVAN』。視力矯正の道具でしかなかった眼鏡に、洋服のようなTPOを打ち出したコンセプトは、画期的で、若い世代から圧倒的な支持を得ました。1985年に世界進出を果たすと、NYタイムズに取り上げられるなど、日本発のアイウェアブランドとして世界中から注目を集めることに。そして2013年5月、『EYEVAN』のスピリットを引き継いだ新しいアイウェアブランドとして『EYEVAN 7285』がスタート。ブランド名の7285は、1972年の設立から1985年の世界デビューまでを冠したもの。創業当時から変わらず、企画・デザイン・製造のすべてを日本で行い、国内外の厳選された眼鏡店、ファッションブティックで展開しています!

 
  • 1
  • 2