コロナの自粛期間中に、
ダラダラと食べガリガリと運動していたら
身体が少しバキっとしてきました。

肉質的に、あまり筋肉質なフォルムは似合わないので
食事を変えて、運動量を減らし
ふわっと感を増やそうと、ここ1か月ぐらいの生活を少しアレンジ。

 

具体的には、生野菜とタンパク質を増やし炭水化物と糖質を減らす。
毎朝30分踏み台昇降の回数を週3くらいに減らす。
パーソナルトレーニングは継続です。

 

友人とのモーニングでもタンパク質メイン。
(みんな身体つくり中だから朝食のくせが強い笑))

 

 

 

そんな生活を続けていたある日、時々行くエステで担当の方に
「なんだか、上半身が華奢になってる!腰回りの感じもよいです!」
と褒められて、
「よしっ」
と心でガッツポーズ。


「実は運動量減らしてね!」
と自慢げに話していたら


「あぁ。やっぱり。お尻の位置が下がってるもん。」
だって。

 

あぁ。そうね。そうだった。
アラフォーのお尻は重力には勝てなかった。

 

ひどく反省し、週3の30分ウォーキングを復活している毎日です。

 


19時頃の日が落ちた外を
マスクしたまま爆音の音楽を聴きながら歩く。

マスクは苦しいけれど口パクで歌っているのが
バレないのでそれはそれでよい。

 


やっぱり運動は欠かせない。
アラフォーの後姿のコントロールは甘くないのでした。