その人のスタイルや印象を決めるバッグはファッションの重要なポイント。長いこと小ぶりなバッグがトレンドでしたが、最近はあえて大きいバッグを持つのが人気になっています。お仕事スタイルから休日カジュアルまで、大きなバッグでおしゃれに見せる着こなし実例を紹介します。

【写真】『【40代コーデ】おしゃれの人の大きいバッグ』を一挙に見る>>


服とバッグの色をリンク。お仕事スタイルにもプリントを投入

 

コート/コス トップス/ユナイテッドアローズ パンツ/インコテックス バッグ/バイ マレーネ ビルガー シューズ/ザラ イヤーカフ/ヒロタカ チョーカー/プラージュで購入

お仕事スタイルに取り入れた大きめバッグはプリントが特徴。合わせやすい無地ではなく柄物にすることで、意識的に取り入れていることが伝わってきます。バッグを含めて、色をブルー、ブラウン、ブラックで統一しているので、派手になることなく、洗練されたスタイルに。

【写真】『【40代コーデ】おしゃれの人の大きいバッグ』を一挙に見る>>

 


印象的で華やかなポンチョスタイルに”安定感”をプラス

トップス/チノ パンツ/ユナヒカ ターバン/ミオア メガネ/メガネロック ブレスレット/アユミイザワ ピアス/カリン バッグ/ア ヴァケーション シューズ/ミハラヤスヒロ

目を引く華やかなポンチョが主役のスタイル。大きいバッグを持つことで、着こなしに安定感が生まれて、タウン仕様な着こなしに。

【写真】『【40代コーデ】おしゃれの人の大きいバッグ』を一挙に見る>>


夏カジュアルを引き締めるレザーのビッグトート

 

バッグ(32×63×12)¥198000/J&M デヴィッドソン(J&M デヴィッドソン 青山店)ネックレス¥16000/キャッツ(ビームス ハウス 丸の内) ブラウス/サイ、パンツ/ストラスブルゴ、靴/マウロ デ バーリ(スタイリスト私物)

夏のベーシックカラーコーデに映える、オレンジが美しいレザーのトートバッグ。大きめサイズとレザー素材が夏のカジュアルにきちんと感をプラスして、着こなしを引き締めてくれます。かなり大きめですが、横長フォルムなら小柄な方でもバランス良く持つことができます。

構成・文/幸山梨奈

 

【写真】『【40代コーデ】おしゃれの人の大きいバッグ』を一挙に見る>>

【40代コーデ】一覧ページを見る>>

おしゃれのヒントは、やっぱり街にある「SNAP! SNAP!」はこちら>>

「今日なに着よう」が見つかる「なに着る?検索」はこちら>>

着こなしのトレンドがわかる「今日、なに着てる?」はこちら>>