Marikaさんからの質問
Q.
左右の眉毛の形が違いすぎて、毎日悩んでいます。片方は途中からほとんど眉毛がない状態です。左右の形が違ったり、顔や目の形に合う眉毛の描き方のコツがあれば教えてください。
チームmi-mollet 岡野瑞恵さんの回答
A.
眉毛は顔のフレームです。描き方次第では、若々しくも、老けた印象にもなるから要チェック!

その人の印象を大きく変えてしまうパーツは、眉毛の形。好みもありますが、一般的に私たちの世代があまりにも細すぎる眉毛を描くと、老けた印象になってしまいます。1990年代に流行った「アムラー」眉毛はもう卒業しましょう。

もうひとつ、気をつけたいのは、眉毛と目のバランス。眉毛が長すぎると反対に目が小さく見えることも……眉は顔の額縁のようなものですので、印象がだいぶ変わります。ミモレ世代にベストな眉の条件は程よい“毛並み”と“太さ”。

オススメはパウダータイプで、眉の形を優しく描き、毛の足りないところ、生えていないところにはリキッドタイプかペンシルタイプのもので、毛を一本一本を描くようにすると自然に仕上がります。

ポイントは眉毛のシルエット。眉山を高くし過ぎずに仕上げるのがいいでしょう。眉頭から眉山まで、角度がつかないように描いてください。1980年代の怖いお姉さん眉のように、「への字」眉はNG。眉頭の上と眉山の下のラインに描き足すと、太さが出て、ストレートのラインになるので、知的な意思のある眉の印象に仕上がりますよ。

「左右の眉の形が違う」という方は、気に入ってる眉に合わせ、バランスの悪い(整っていない、嫌いな)眉から先に描いてみてください。でも、あまり形にとらわれると……「描きました!」というような印象になってしまうのでご注意を。