新年明けまして、おめでとうございます。

新しい年の始まり、気持ちがしゃんとしますね😊

今年は、例年とは違うお正月の過ごし方をされた方も多いかもしれませんが、どこで、誰と過ごそうと、

何故こんなにも、正月は食べ過ぎるのか・・?

わたしも正月から早速胃がもたれておりますが・・今日はそんな時に役立つ(お家にありそうな)いくつかのレメディをご紹介したいと思います♪

1つ目は、生姜のスライスに、岩塩とレモン(わたしは今は柚子を使ってます)をかけたものを、食前に食べるだけのレメディ。このレメディは、ご飯の時間だけれど、あんまりお腹が空かないな〜という時に食べると、20分くらいするとお腹が減ってきます😊(満腹すぎたら無理ですけどw)お正月は、ダラダラ食べすぎて、なかなかお腹が減らないですからそんな時にオススメです。ちなみにこれは、普通の時でも晩御飯の20分前に食べてから食事をすると、お腹の楽さが違いますよ♪(生姜のスライスは薄くてOKで、2枚くらい。柑橘は、たっぷりかけましょう)
2つ目は、クミンのホールを使ったお茶を。クミンを小さじ1〜2くらいお鍋に入れて、30秒くらい炒ったら、お水をコップ1杯分加えて中弱火くらいで半分くらいになるまで煮詰め、濾したお茶を飲みます。お腹の調子が良くなければもっと煮詰めてもOK。こちらは、胃腸の働きがイマイチだな〜と感じた時に😊

あと家にありそうだったり、すぐ手に入るものなら、カモミールティーやペパーミントティーのティーバックなどもGOOD🌿

コップ1杯に対して、2個くらいのティーバックを使い、濃いめに出します。

カモミールは空腹時に(胃の粘膜を保護します)、ペパーミントやあとはレモングラスなどは食後に(消化を助け、ガスを取ります)。

明日くらいまで、美味しいものを食べる機会が多いと思いますが、

アーユルヴェーダでは、空腹の時間を作らずにものを食べ続けるとアーマという毒素が体に溜まりますから(アーマのサインは、便がねっとりする、おならや便が臭くなる、お腹が減らなくなるetc..)、三が日が明けたら、晩御飯はスープだけにするのも良いですね😊

ちなみに、クミンのお茶の作り方と同じように「アジョワン」というスパイスを使うと(ただ、ネットでしか買えないかも?)、アーマを排出する効果があるので、上記のようなアーマのサインが出ているときは、飲んでみるのもいいと思います。(ただ、アジョワンは香りや味が独特なのと、とても熱い性質のスパイスなので、ずーっと飲んではいけません)

では、今年も皆さんが、健康で幸せでありますように♡

2021年もどうぞ、よろしくお願いします!