古代から薬として使われてきたハーブには、心身のバランスを整え、元気にする力があります。フードコーディネーターの七沢なおみさんは更年期に伴う不調から、毎日の暮らしにハーブを取り入れるようになり「不調だった体は元気になり、心もおだやかに過ごせています」とおっしゃいます。

今回は七沢さんの著書『こんなに使える!ハーブレシピ』の中から、加熱に強く使い勝手のよさではハーブの王様ともいえる、ローズマリーを使ったレシピ「手羽中のローズマリー風味」と「ローズマリーとじゃがいものグラタン」の2品をご紹介します。

手羽中のローズマリー風味

 

にんにくとしょうゆの香ばしさとすっきりしたローズマリーの組み合わせは、くせになるおいしさ!

 材料(2人分)
・ローズマリー(枝から葉をはずす)⋯⋯1本
・手羽中⋯⋯8~12本
・にんにく(つぶす)⋯⋯2~3かけ
・塩、こしょう⋯⋯各適量
・白ワイン、オリーブオイル⋯⋯各大さじ1/2
・しょうゆ⋯⋯小さじ1

 

 作り方 

1.バットなどに手羽中を並べ、塩、こしょうをふる。白ワイン、オリーブオイルを回しかけ、ローズマリーとにんにくをまぶして約1時間マリネする。

2.1をグリルやロースターで両面こんがりと焼く。焼き上がったらしょうゆを回しかけ、ローズマリー(分量外)を飾る。

 
  • 1
  • 2