シャツワンピースは「ルフィル」。ほっこり見せない裾のボリュームと清涼感のある配色がポイントスライダー1_1
シャツワンピースは「ルフィル」。ほっこり見せない裾のボリュームと清涼感のある配色がポイントスライダー1_2
シャツワンピースは「ルフィル」。ほっこり見せない裾のボリュームと清涼感のある配色がポイントスライダー1_3
43歳 /スタイリスト/154cm

数々の女性ファッション誌で活躍するスタイリスト乾千恵さん。ご自身の毎日のファッションも手掛けるスタイリングも、甘くない大人のフェミニンな着こなしが定番です。5日間スナップの4日目は、ブランドデビュー以来、愛用しているというル フィルのシャツワンピースが主役のコーディネートです。

「ルフィルは毎シーズン、必ず何か買っているブランド。普通だけど普通じゃなくて、抜けすぎていないけどほどよい抜け感があるところが好きなんです。だいぶカジュアルな服を着るようにはなりましたが、ベースがコンサバなので、カジュアルすぎたり、すごく凝った服はやっぱり苦手な私にとって、ちょうどいい服が揃っています。

今日着ているシャツワンピースも、両サイドにスリットの深さをアレンジできるボタンがついていたり、オーバーサイズではあるけれど大げさ過ぎなかったり。大人が着やすい考えられたデザインになっているんです。そしてシャツワンピースって一歩間違うと白衣っぽく見えたり、ほっこりすることがあるのですが、裾にたっぷり用尺をとっていてボリューム感があるから華やか。着ていて気分がいいんですよね。このワンピースはワンサイズですが、ルフィルはわりとサイズ展開とあって小柄な私にもちょうどいいサイズがある。そして無理のない納得できる価格帯なのも好きなところです(笑)。

フロントにピンタックもあり、一枚でさらっとしてもいいのですが、ワンピースの清涼感のある色が映えるセージグリーンのスウェットを肩掛けしてみました。足元は以前もお話したんですが、足だけ妙に大きい”ミッキーマウス”バランスにならないようにローテクなコンバースに。ワンピースに合わせて淡いブルーにしました。バッグは冬のスナップでも持っていたヴァジックのウェルズ ミニミニ。小柄な私が持つのにちょうどいいサイズ感なんです」(乾さん)

撮影/中田陽子(maettico)
ヘア&メイク/chiSa(SPEC)
構成・文/幸山梨奈

乾 千恵さんの他の着こなしはこちら>>

スタイリスト乾千恵さんの春スタイルを振り返る
▼右にスワイプしてください▼

1 / 13