よっぴさんからの質問
Q.
5年ほど前、熱油でおでこや頬に火傷をしました。そのときはすっぴんでも火傷跡がわかない程でしたが、最近、おでこにシミのように出てきました。おでこを出す髪型でいたいので気になります。
シミを消す方法があれば教えていたけますか?
ウォブクリニック中目黒 総院長 高瀬聡子先生の回答
A.
火傷跡はシミと同じようにケアすることをおすすめします。

火傷の具合がどの程度なのか拝見しないとわからないのですが、火傷は炎症したあと色素が沈着するので、シミと同じ症状だと思っていただいて結構です。

よっぴさんのように時間が経ってしまっている場合、美容皮膚科などでは、ケミカルピーリング+導入、トーニング(Qスイッチレーザー)などといった施術もありますので、一度、相談したほうがよろしいかと思います。

お家でできるシミのケア法として、早期であれば「ビタミンC」「アルブチン」「コウジ酸」「ハイドロキノン」などの美容成分が有効とされています。ハイドロキノンを配合している「アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110」は、できてしまったシミへアプローチしてくれる美容液。これ以上、シミを濃くさせないためにも毎日のケアをおすすめします。

ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110 11g ¥10000(税別)/アンプルール
お問い合わせ先/アンプルール tel. 0120−987−076
PROFILE
  • 高瀬聡子先生/ウォブクリニック中目黒 総院長東京慈恵会医科大学卒業後、皮膚科医として勤務。2007年にウォブクリニックを開院。共著書に「いちばんわかるスキンケアの教科書」(講談社)

    【ウォブクリニック中目黒】住所/東京都目黒区中目黒1−10−23 2階
    営業時間/月〜水・金曜日 11時〜20時、土・祝 10時30分〜19時
    電話/0120−411−281(予約)