ミモレ読者の皆さま、こんにちは。

いよいよドイツで物件探しを始めている我が家。私にとって海外引っ越し一番のお楽しみですが、4ヵ国を振り返り、圧倒的に面白かったのはバーレーン。今日は懐かしのアラブでの家探しのお話です。

■アラブで家探し

仮住まいのホテルにお迎えに来たのは恰幅の良いインド人の不動産屋さん。彼の運転する車に乗り、物件へと向かいます。

一番最初に内覧するのは、彼の一押し。ブラックタワー。日本でいうところのタワーマンションが3本立つ中でも一番背の低い黒い建物です。

日本の様にエレベーターが賢い訳ではないので、高過ぎない建物が良かったりします。
彼は最上階。32階のボタンを押しました。
「えっ?もしかしてペントハウス(最上階)?」

■我が家の予算、わかってる!?

ガラス張りの扉を開けるとそこはバスルーム。どど〜んっと、ど真ん中にジャグジーがあります。ご丁寧にジャグジーに沿う様にキャンドル立てまで。

内覧はリビング&ダイニングからと言う発想を覆されたバスルームからの内覧!

夫、私、夫の職場の若手女子、予想外過ぎるバスルームに笑いが。。

50インチはあろうかというTVすら、小さく見えます。

お次はシャワールーム。バスルームが広過ぎて充分広いココが小さく見えます。

バスルームで感覚が既におかしくなり、シャワールームが狭く感じる。。。

このご時世から見るとソーシャルディスタンス仕様ですか?なパウダールーム。

全てが度肝を抜く広さ!どう考えても我が家の予算では無理なハズなのに紹介されている現状に笑いが止まらない

笑って、写真ブレブレです。
「ねぇねぇ、このインド人のおじさん、私たちの予算わかってる訳?」と私の囁きは無視され、どんどん進みます。

お次はダイニング&キッチンへ。

広々なキッチン!使い勝手は良さそうでした

電化製品はBOSCHで揃っていて、収納量もあり、なかなか使い勝手良さそうです。テーブルは8人掛け。大概6人以上のダイニングテーブルが一般的です。

MUJIがドバイに進出した際、アラブ人女性が、真四角の4人掛けダイニングテーブルを見て「コレは何に使うテーブルですか?」と本気で質問していました(笑)

リビングエリアにはバーカウンターまで。
が、しかしイスラム教では飲酒は禁止されています。

奥にはバーカウンター

リビングルームお隣。やたら暗いですが、書斎のよう。

この書斎で日本の12畳くらいでしょうか

それでは2階へ参りましょう。このペントハウスはメゾネット(2階建)です

マスターベッドルームのテーマカラーは紫。マリリンモンロー。

家具付きなのでリネン類も全て付いてきます

こちらのテーマカラーはビタミンカラーのオレンジ。

元気を出したい日はこの部屋か!?

若草色がテーマのコチラはオードリーヘップバーン。

ヘップバーンのクオリティーが残念!

全てのベッドルームにはトイレとバスタブが付いています。

全てこのサイズのバス&トイレが各部屋に

共用部分にはプール、キッズ用公園、室内遊び場、シアタールーム、ジム。1階にはスーパーまで。この建物内でかなりの事が完結します。

タワー真ん中の共用施設プール2つ

ご案内してくれたインド人の不動産屋さん。
この後、3軒見て回りましたが、ペントハウスのインパクトが強烈過ぎて全然入って来ず終了〜。(笑)

ご案内役のインド人の不動産屋さん

翌日は、別の不動産屋さんと内覧へ。ちょうどブラックタワーの近くを通過。すると彼が「あの物件は絶対ダメ!あの前が”アラブの春”の時のデモの広場だからまた再燃したら一番危ない場所」

と言いつつ、彼が連れて行った場所はブラックタワーの斜め前のアパート。一緒じゃん。(笑)因みに我が家が不動産さん屋に出したリストの第一条件は、治安の良い場所。2人ともリクエスト、完全に無視!(笑)成立すると賃貸料2ヶ月分が不動産屋に入るのが理由のようでした。

ドイツでは、そんな無茶苦茶な事はなく、安心して内覧中で〜す。

それではまた木曜日に、お会いできたら嬉しいです♪良い週末を!!