ミモレ読者の皆さま、こんにちは。

ゴールデンウィークいかがお過ごしですか?今日はえらくへこんだ話を聞いてください。いやぁ、物件探しが楽しみ♪などと流暢な事を言ってる場合ではなかったです。

我が家が引っ越した街はドイツでも住みたい都市ナンバーワンのミュンヘン。完全なる貸し手市場。ドイツ人ですら物件探しは難しいと言われています。

まずは海外での物件探し事情を。どこの国でも不動産会社を通じて、希望の物件にアポ入れするところから始めています。まずは一軒目。

■生活感がハンパない!ホントにココで合ってるの!?

不動産屋さんと合流して、伺った1軒目。家主は不在。まだ住んでいる家を内覧した経験は何度かありますが、大概それなりに片付いているのが常。ところがどうでしょう。

玄関には大量の靴。キッチンからはいい香り。不動産屋さんも一瞬たじろぐほど生活感がスゴい!「ココで本当に合ってる?」5回は確認しました。彼女も一瞬、不安になりながら手元の紙を確認し、「合ってます。大丈夫です!」を連呼。

脱いだままのジーンズ、ソファに引っかかってますけど…(笑)今日の内覧、忘れてましたか?

家は生活感がスゴくて写真を撮る勇気は無かったです。寒い国なので地下ガレージは必須。モダンで使いやすそうでした

キッチンの収納とかドンドン見て!とは言うけれど、家主の居ないお宅、開けにくい…。でも、住むかもしれないと思えば仕方がない。えいっ!と勇気を出して冷蔵庫を開ければ、「愛の不時着」ダンのオモニが作ったような韓国おかずがいっぱい!わぉ〜美味しそう。韓国の方のお住まいのよう。

アパートの共用部分に付いていた小さな遊び場

でも、果たしてアパート全体に充満しているキムチ臭、クリーニングで消えるのでしょうか。生活感がスゴ過ぎてイマイチ入って来ない…。そうそうに切り上げ、第一候補物件へ、いざ!

■閑静な住宅街に佇むお宅・名付けて軽井沢

サラエボから狙っていたお宅。見た目からして想像通りで緑も豊か。

大家の奥様は陽気なイタリア人で感じ良し。家の中のしつらえも上品でとっても好み。1階の所有かと思っていた中庭は共用。無いと思っていた地下倉庫は充実の大きさ。まるで”軽井沢”に居るような素敵な物件。月曜日に見る物件があった為一旦ペンディング。

我が家の車の車高では数センチ足りずアウト!2段式駐車場も多い

月曜日に見た物件は我が家の車の車高ではパーキングに入らないとわかり即、"軽井沢"のオーナーにご連絡。契約話を進める。

家具付き物件はキッチンツールも付いて来ます。全てはオーナーとの交渉次第

が、2日後突然キャンセルに…。カーテンやベッドマットの詳細などの話を始めていた矢先。な、なんで!?青天の霹靂とはこの事か。

なんと!入りたいというドイツ人が現れ、天秤に掛けられ、我が家は競り負けたよう。昨日まで入ってくれモード全開だった大家さんに一体何が?!あまりの事に人間不信になりそうなんですけど…。気持ちはすっかりわたしの“軽井沢”。正直、泣きそうでした。って言うか久しぶりにひとり泣きました。思わず泣くアラフィフ!(笑)

どうも決定権のあるドイツ人のご主人が最終決定したようです。

コロナ禍のせい?アジア人だから?ハテナが渦を巻く…。さすがの私も心折れ、友達に連絡しまくり。ドイツやスイスって国民優先的なところあるよね。表向き皆平等とは言いつつ、外国人には冷たいところある。人気エリアは仕事の面接のように綺麗めの格好でいかないと負けるらしい。と友人たち談。

皆に、次、行こ次!負けるな!やり返せ!(どうやって?!笑)と励まされ、心を奮い立たせ、いざ!次の物件へ。

ドイツ人に競り負けた後の第二戦の戦闘アイテム!エルメスのスカーフを首に巻いて華やかに。前回プラダで駄目だったので、バッグもチェンジしボッテガ投入〜。夫に「それ、意味あるかな?」とツッコまれる(笑)

次の大家さんは前のめり。翌日には契約書が送られて来ました!

結局、選ばれなかった理由は全くわかりません。もしかしたら我が家より長く住みたいと言ったかもしれないし、好条件だったのかも知れません。同条件であれば、自国民を優先したい気持ちもわかります。

海外で暮らしていると、多かれ少なかれ日本で暮らして居る時よりは、自分たちがマイノリティであると言う事は経験します。今回はリアルに実感した為、えらくへこみました。
あくまで理由がそうだとはわかりませんけどね!

ドイツに来てわかる中東欧の良さよ、あたたかさよ。比較的、親日な国が続いて来た為、自分は今まで日本人というだけで、どれだけ優遇されて来たのだろうか。

持続可能な開発のための2030アジェンダ。SDGsの目標10「人や国の不平等をなくそう」思いはここまで思わず飛躍。果たして今まで日本人というだけで無意識の傲慢さはなかったかな。わたしには何が出来るかな。そんな事を考えた出来事でもありました。

集合住宅の周りにはどこも緑豊かな素敵な公園がありました!”軽井沢”の物件じゃなくても、もういいわ(笑)

入居出来るまでは、どこに落とし穴が待ち受けているかわからない海外引っ越し。決して気を抜く事はできません。ということで、Wish us luck! 私たちの幸運を祈ってて頂ければ。引っ越しはまだ少し先です。

「落ち込んだりもしたけれど、わたしは元気です!」(突然、キキになってみた 笑)

それではまた、木曜日にお会いできたら嬉しいです♪穏やかなゴールデンウィークをお過ごし下さい。

〜ドイツ引っ越し関連記事〜

『ドイツに引っ越しました!』
『ドイツに驚いて。ときめいて。』
『新しい国での生活立ち上げは、やっぱり大変〜。』

上を向いて歩こう!ドイツで見かけた看板•標識•サイン

1 / 5