ミモレ読者の皆さま、こんにちは。

ゴールデンウィーク明け、いかがお過ごしですか?おしんエミーにならないこと、祈ってるね。と優しいお言葉をいろいろと頂くのですが、ご期待通りと言いますか、またまた「おしん」してました(笑)詳細はこちら

こんなしょーもない事、書いて大丈夫かなぁと思いつつ、これが海外生活のリアル。日本じゃあり得ないような事が、本当に次々と起こるんですよね…。それがたとえ、ドイツでも!

オンラインレッスンに疲弊しまくりで、洗濯する気力も失い、5日も溜め込んでしまった週末。大きな袋を2つ抱えて向かったランドリー。お金は機械に飲み込まれたが、機械は動かない。

フロントへ。
「誰かが10セント硬貨を投入して、詰まらせちゃったのよ〜。お金入れちゃった?あなたで3人目。直ったら連絡するから、ルームナンバーを。」

それさぁ、機械の硬貨投入部分にその事貼り紙しておいてくれない?投入口塞ぐとかさぁ。お金入れちゃったんですけど…。

洗濯は2€50セント。1€、2€、50セント20セント硬貨しか入れられない段階で、想定されそうなトラブルと考えるのは私だけでしょうか?

0.50€・1€・2€のみになったよう。でも投入口は0.20€もO Kのまま(笑)詰めが甘い。また故障するのは時間の問題か!?

それ以来、毎日レセプションに「洗濯機どうなった?」とお問い合わせ。こういう事はしつこくするに限ります(笑)

4日後にレセプションからお電話が。
「朗報です!直りました!お金を取りに来てください。」
「後で行くね!」
「あなた以外に4人居るから(増えている…)洗濯には早く行った方がいいですよ。」
「今、すぐ行きます!」
督促が効いて、1番最初にお電話を頂けたようです。

洗濯が無事出来るようになったら、3日前から今度は乾燥機がおかしい…。終了しても7割ビチョビチョ(笑)

またまたレセプションへ直行。
「ねぇねぇ(もはやタメ口)、終わったのにこんなにビチョビチョなんだけど。」
「あら、おかしいわね。すぐ連絡するわね!」

という事で、ただいまバスルームで部屋干し中〜。

洗濯機は直ったけれど、今度は乾燥機が故障気味。外は雨続き。毎日バスルームで部屋干し中〜。

これネタではありませんから(笑)海外生活ご経験者は画面の向こう側で「あるんだよね〜。こういうこと」と、大きく頷いていると信じています。洗濯機周りのトラブルなぜか多い…。

以前の記事で、読者の方から「あだ名はランドリー」にして欲しいくらい。とコメント頂いたので、ゴールデンウィーク明けですし、今回はこんな題名に。

「帰って来たおしんエミー」と迷ったんですが、担当頂いているミモレ編集部の編集者さんとのやり取りから着想を得て「おしんエミー、アゲイン!」にしてみました(笑)海外生活ブログだから、ちょっと洋風に。

それではまた、日曜日にお会いできたら嬉しいです♪

〜「おしんエミー」関連記事(笑)〜

『ドイツに引っ越しました!』
『ドイツに驚いて。ときめいて。』

ドイツの街歩き 街角フォトギャラリー

1 / 5