先日開催した大草直子コンセプトディレクターがミモレ読者から寄せられた「夏のおしゃれの悩み」に答えていくインスタライブ。ライブでピックアップしたアイテムを、記事でも詳しくご紹介していきます! 

インスタライブを開催したユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストアで展開しているものなので、気になるものがあった方はぜひチェックしてみてくださいね。

今回ピックアップしたのは、肌の「露出」にまつわるお悩みです!
 

Q . 二の腕が気になる季節。カーディガン以外でさっと羽織れて重くなく、新鮮な印象になる羽織りはありますか?
(Emiiiさん)


A . シャープに見せてくれる「一重のリネンジャケット」がオススメです

 
ジャケット¥66000/ユナイテッドアローズ、ワンピース¥27500/サヤカ デイヴィス、サンダル¥94600/チャーチ(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア)

「『カーディガン以外で』とのご質問ですが、確かに柔らかなカーディガンは肩の丸みや肉質を映し出してしまうこともあります。おすすめはジャケット。特にセットインスリーブなら、かなりシャープに見せてくれます。一重のものなら着ても手持ちしていても軽いので、私自身も夏の羽織りはジャケットを選ぶことがほとんどです。

今回ピックアップしたのは、織りでブロックチェックを表した白のリネンジャケット。ジャケットですが、ビジネスライクになりすぎず、ワンピースやデニムに合わせても素敵です。同素材のスカートもあるので、セットアップとしても使えます。袖を通さずに羽織るときは、肩にかけてから、ちょっと肩をもぞもぞと動かすとちょうどいい位置に収まってくれ、多少動いてもずれません。ぜひやってみてくださいね」


透け感のあるシャツを羽織るのも今年らしい選択

シャツ¥19800→¥13860(30%オフ)/イウエン マトフ、ワンピース¥53900/サヤカ デイヴィス(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア)

NAOKO’S COMMENT

ジャケットと同じく、カーディガンよりもシャープに見せてくれるシャツも今年らしくて新鮮です。少しゆるっとしたシャツを羽織りにしてみてください。お尻が隠れるくらいの着丈のものだと、マキシ丈のワンピースなど長さのあるスカートやパンツともバランスよく着られます。小柄な方であっても着丈は短めより長めがおすすめです。

 



Q . ヌーディすぎない、上品なサンダルを教えてください。
(Chakoeiさん)


A . フロントは露出が控えめ、サイドで抜け感を出すサンダルがおすすめです

サンダル¥124300/チャーチ(ユナイテッドアローズ青山ウィメンズストア)
サンダル¥74800/ジョセフ(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア)

NAOKO’S COMMENT

足元も肌の露出が多いと履いていく場所を選んだり、会社では難しいという方もいると思います。ご質問にいちばんぴったりだと思ったのが、チャーチのケージサンダル。爪先や甲は少し肌がのぞく程度ですが、サイドはしっかり肌が出るので、重くなりすぎず涼しげで、美脚効果もあります。チャーチの定番モデルなので、毎シーズン素材や色違いが出ています。たしか編集部のバタちゃんが履いているのを見て、私も欲しいなと思っていました。お値段は張りますが、チャーチの靴は長年履いて育てていくものなので、その楽しみも含めて、おすすめです。

もう一足は大好きなジョセフのサンダル。どこが好きかというとソールのクッション性がよくて長時間履いていても疲れないところ。今日ピックアップした一足は、太めの甲のストラップで肌の分量をほどよく調整してくれるデザイン。モードなスネークの型押しも素敵ですし、何よりソールのキャラメル色と甲部分の白のコントラストがとってもおしゃれですよね。

 

露出しすぎはイヤだけど、夏なのに暑苦しいのもおしゃれじゃない……。そんな悩ましい気持ちをうまく解決してくれるアイテムたちでしたね。次回は色黒派、色白派、それぞれにおすすめの初夏カラーをレクチャーしていただきます!

 


問い合わせ先/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア
tel. 03-5468-2255

撮影/田中駿伍(MAETTICO)
ヘア&メイク/chiSa(SPEC)
取材・文/幸山梨奈
構成/朏亜希子(編集部)


第1回「「憂鬱な雨の日」を楽しくする着こなしは?スタイリスト大草直子が回答!」>>

第3回「色白派、色黒派...肌色を生かす夏の着こなしとは?」
第4回「夏の黒、重く見せない着こなしのコツは?」
第5回「Tシャツ&デニム、のシンプルコーデに1点足すなら何を選ぶ?」