スタイリスト佐藤佳菜子さんがクローゼットから厳選した6着を使い、4通りの着回しコーディネートを紹介! この「ミニマムワードローブ」特集は、スタイリストやエディターなど、おしゃれが好きな人に「今シーズンのワードローブをもし6着に絞って! と言われたらどんな服を残しますか?」というお題を出し、ご自身のクローゼットから厳選の6着を紹介してもらう企画です。

 


関連記事
スタイリストが夏服を6着に断捨離したら...選んだアイテムとブランドを紹介>>


① 白プルオーバー+水色ニット+ネイビーパンツ
ブルーニットをベーシックコーデのアクセントに

プルオーバー/ノーク 肩にかけたニット/ドゥロワー パンツ/プラステ バッグ/ロエベ 靴/コンバース ピアス、ネックレス/ノーブランド

水色のニットを肩にかけてポイントにしていますが、白のプルオーバー×ネイビーのスティックパンツと、とてもシンプルなコーディネート。さっぱりした雰囲気になりすぎないよう、カーキグレーのバッグと水色のスニーカーでニュアンスを添えました。
 

スタイリスト佐藤佳菜子さんが選んだ6着のミニマムワードローブ

上段左から:白のプルオーバー/ノーク ニット/ドゥロワー プルオーバー/ルーニィ 下段左から:パンツ/プラステ ワンピース/ヴェルメイユ パー イエナ デニムパンツ/H&M


この6着を選んだこだわりの理由については、こちらの記事「スタイリストが夏服を6着に断捨離したら...選んだアイテムとブランドを紹介」をぜひチェック!


② 黒プルオーバー+ネイビーパンツ
夏にあえてのダークワントーンでシックに

プルオーバー/ルーニィ パンツ/プラステ サングラス/&アザーストーリーズ ピアス/ウィム ガゼット バッグ/ヴァジック 靴/ユナイテッドアローズ

夏にあえてダークカラーにまとめる着こなしも好きです。
ですが、全身真っ黒だと夏には重くすぎたり、堅苦しく見えたりしてしまうので、トップスは黒、パンツはネイビーに。6着を選ぶとき、このコーディネートを想定して、トップスとパンツの色が両方とも黒にならないように意識しました。
コーディネートは、ワントーンの着こなしにコニャックブラウンのバッグでヘルシーな軽やかさをプラス。
 

③ 白ワンピース
プレーンワンピースには遊びのある小物を効かせて

ワンピース/ヴェルメイユ パー イエナ バッグ/ベアトリス ピアス/アンティーク 靴/セリーヌ

ワンピース自体は華やかなフォルムですが、色も白で凝ったディテールがついているわけではないので、カラフルなクラッチバッグを効かせてドレスアップしたコーディネートです。デイリーに着るときはフラットシューズを合わせることもあります。
 

④ 水色ニット+デニム
デニムは小物で今年らしさのトッピングをすると新鮮に見える

ニット/ドゥロワー デニムパンツ/H&M カチューシャ/アレクサンドル ドゥ パリ ピアス/コス バッグ/J&M デヴィッドソン 靴/ルタロン

シンプルな着こなしが好きなので、特にデニムをはくときこそ、“普通”になりすぎないように気を付けています。洋服で遊びすぎるのは自分らしくないから、カチューシャや真っ白の大振りピアスなど、今年らしい小物を合わせ、シンプルスタイルを楽しげにブラッシュアップ。
 

※掲載のアイテムはすべて本人私物です。現在販売していない場合もあります。ご了承お願いいたします。


撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE)
スタイリング・出演/佐藤佳菜子
ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.)
構成・文/高橋香奈子
 

 

 


第1回「スタイリストが夏服を6着に断捨離したら...選んだアイテムとブランドを紹介」>>