近頃コロナの重症化患者も急増。コロナにかからずとも日々の免疫力を高めることは重要。

前にも「モヤモヤ&プチ更年期暑気払い」でダイエットに関して少し触れましたが、ダイエットだけが目的でなく免疫力を整える体作りは、このコロナ禍においての一番の予防策だとも思っています。

前回の渡辺麻紀さんに引き続き、日々の食事バランスや食材に意識を向け、そして美味しく楽しく健康に!を目標に、料理家の佐藤ひろみさんと奥田ここさんに「免疫力アップメニュー」を伝授いただきました。

 

野菜の重ね煮

 

中目黒の名店「ことこと」の店主の佐藤ひろみさんから教えていただいた野菜の重ね煮は、野菜をいっぱい取ることができて美味しい!まさに理に叶った優秀料理。野菜本来の味わいを引き出す調理法で化学調味料や砂糖も一切使わずとも、それぞれが野菜の旨みを引き出す力を持ち合わせているので、野菜を洗って切る、ただそれだけなんです。ただ重要なのは重ねる順番(こちらのサイトをご参考まで!)。これさえ、しっかり頭に入れておけばお鍋に入れて火をつけて煮るのみ。

ひろみさんから味付けに「塩麹」を入れるといいよ進められ、早速トライ。

多めに作り数日間にわたって過ごしてみましたが、とてもお腹の調子が良い!腸内環境を整えることで免疫力アップにも効果的。ダイエットにも健康にも働きかけてくれる万能料理です!

これっていう決まりはないので、野菜室にある季節の野菜を色々駆使してご自身の大好きな一品を作ってみてください!

野菜の甘味と塩麹の塩梅がとてもおいしい!おまけにシンプルで簡単!ちょっと味に飽きたら、トマト缶を入れてみてもおいしかった!

 

夏の定番にしたいモロヘイヤスープ

大好きなモロヘイヤ。奥田ここさん(食楽のレシピはこちらから!)が御指南いただくのは夏バテした時でもさっぱり、栄養価の高いモロヘイヤスープ。口の中でトロトロとした感触とニンニクと生姜やハーブの香りが夏にぴったり。

【作り方】 ①洗ったモロヘイヤを、熱湯に塩を入れて、さっと茹で、刻む(超新鮮たったり、茎か細いものたったら、茹でずにそのまま刻んでもOK) ②生姜とニンニクを刻む(生姜は少なめに)+ 余力があればセロリ・にんじん・たまねぎも刻む ③鍋にEXVオリーブオイルを入れ弱火にかけ、生姜とにんにくの香りを出す(セロリ・にんじん・たまねぎも刻んだらここで一緒に入れ炒める) ④水と好みのハーブを入れて沸かし、沸いたら洗ったプチトマト投入 ⑤セロリ・にんじん・たまねぎ無しの場合は、お家にあるスープストックをすこし入れ、旨み補強 ⑥①で刻んでおいたモロヘイヤを入れ、すこし煮て、塩と胡椒で味を調える

ここさん伝授の食欲ない時の素麺レシピもおすすめです!

心身ともに健康な毎日でありますように!