皆さん、こんにちは。梅津奏です。

秋支度、進んでいますか~?

〔ミモレ編集室〕でもこのトークテーマで皆さん大盛り上がり。温かい飲み物のラインナップを揃える人、ストールなどの布小物を出してくる人、香りを変える嶌村さん、そして……、ブーツ!

「ウン年前に奮発して手に入れたブーツ、靴擦れが痛くて痛くてなかなか履けず……。今年こそ履きならしたい!」

あるメンバーさんの投稿に「わかる」ボタンを連打する私。


私の奮発ブーツ、こちらです。

 

見覚えのあるミモレ読者さんも多いかもしれません。昨年、AMARCで紹介されていたTOD’Sのショートブーツです。えんじ色にゴールドのバックルが効いてますよね。一目ぼれでした♡

 

だがしかし、普段合皮のやわらかーいソックスのようなブーツばかり履いていた私には、ホンモノの革のしっかりした硬さがなかなかしんどくてですね(笑)。どんどん履いて柔らかくしなければと思いつつ、去年は一回だけ履いて心が折れてしまっていました。はい、軟弱なんですワタシ。


くわえて、めちゃくちゃおしゃれな女性が同じブーツを持っていて、「パリジェンヌですか?」と叫びたくなるくらい素敵にコーディネートされているのを目撃。そうよね、私には身分不相応だったのよ……。そっと靴箱にしまい、はや一年。


えいっと勇気を出して。靴箱から出してきました。

一年振り二回目に履いた日(どきどき)。ベージュのパンツとラメソックスをあわせて。

ああ、やっぱりかわいい。まるで赤毛のアンが履いていたブーツみたい。ミモレ丈のワンピースに編み上げの茶のショートブーツスタイルが、私のイメージするアンファッション。きゅっと締め上げられた靴紐が学生らしい清潔感を、足首までの丈が快活な女の子らしさを表しているような。子供の頃からアンが大好きな私にとって、「アンのブーツ」というのはことさら価値があるものなんですよね~。

ロングフレアスカートとあわせると、ますますアン気分。

よし、頑張るか。まずは家の周囲を歩くところからはじめて、段々慣らしていくぞ!

 

傷パワーパット、また買ってこないと。


皆さんは今年のブーツ、どんなものを履く予定ですか?

 

小学一年生のときに父に買ってもらった「赤毛のアン」。実家にあると思っていたのに見つからないそうです(涙)。代わりに本棚で見つけたという関連本を母がパチリ。お洋服やインテリア、お菓子作りの話などが盛りだくさんの内容。懐かし過ぎてふるえる……。