ミモレ読者の皆さま、こんにちは。

秋らしいお天気とともに穏やかな日常が少しずつ戻って来ているのかなと海外から見ていると感じる日本の秋。日本の四季ってどの季節も美しいですね。

残念なことにこちら、ドイツ・ミュンヘンのクリスマスマーケットは中止(一部開催報予定だったレジデンツも20日中止決定。詳細はHPへ)になりました……。

イルミネーションは仕上がり、小屋も立ち上がり、後はスタートを待つばかりと言うこのタイミングで。小屋の解体も即始まり驚きです。開催にも不安がありましたが、直前の中止の決断もある意味すごい。財政が豊かと言われるバイエルン州だから可能だったのでしょうか。

規制も三段階の一番高い段階に入りました。

まだまだしばらくはウィズコロナで生きていくんでしょうね。

そして、友達にリアルに会って、ごはんを食べながらたわいもない話をした時間はやっぱり貴重でした。

最近は家に友達を呼んで一緒に朝ごはんを食べるのがマイブームでした!この日は和食の日

学校のオンライン授業が突如始まり、カオスなところにクリスマスマーケット中止の知らせでダブルパンチ!

友達から、「小屋を解体する傍で、飾りのモミの木を頂戴するマダム発見!意外にがっついてたよ〜!」と写真と共にLINEが。

これくらいしたたかに、逞しく生きてかないとね!マダムの気持ちの切り替えの早さがすごいね!と中止のショックと疲れを吹き飛ばし、もはや笑いへ。

落ち着いた頃に会って、しゃべって、リアルに会った時間は心の距離もグッと近づけてくれました。やっぱり友達の存在ってとっても大切。へこみそうな自分を引っ張り上げてくれます。

この日はクリスマスモードで洋食朝ごはんの日。レシピのシェアも!

コロナ禍に入ってオンラインレッスンへの切り替えもかれこれ5回目。こどもたちは慣れたもんですが、どんなに回を重ねても親の疲弊度、やっぱりハンパない。そして学校の先生には尊敬しかないです。

Zoomでの授業は、幼稚園児の5歳のころに始まり今は7歳。こどもの教育環境も時代もこれからもますます変わっていくのでしょうね。

2018年のダボス会議で演説したカナダのトルドー首相の言葉

「今ほど変化のペースが速い時代は過去になかった。だが今後、今ほど変化が遅い時代も二度とこないだろう」

リアルに実感します。先の見えない今の時代は、日々様変わりしていく暮らしやツールをキャッチアップし、軽やかに変化しながら生きていくのが心身健やかに生きるコツなのかなぁと思っています。

家族や友達、自分の好きな人と会って、しゃべって過ごした時間と絆は、困難な状況に直面した未来の自分を救うということを実感する急激に感染拡大しているドイツからでした!

それではまた、日曜日にお会いできたら嬉しいです♪

チョコレート売り場のクリスマスのアドベントカレンダー

1 / 5