monicaさんからの質問
Q.
最近、歯(根っこ)が痛み、歯医者へ通い始めました。よく「年をとると歯茎が下がる」と言われますが、それとも違う気がします。老化で歯並びが悪くなることはあるのでしょうか? 皆さんの歯のケアについて知りたいです。
チームmi-mollet 安倍佐和子さんの回答
A.
年齢とともに歯と歯茎のケアは真剣に

残念ながら、年齢とともに歯茎の強度は弱くなっていくもの。歯周ポケットができやすく、歯茎そのものが痩せて、歯並びが悪くなっていくことは事実、ありえます。

私自身、40代後半に歯茎にモノが挟まる回数が増え、40代で矯正を始めました。未だ完全に終わっていないのですが、定期的に歯周病チェックも続けています。

口内環境は免疫力とも深く関わっているので、早め早めにプロの診断を、というのが持論。

●歯茎の色が黒ずんでいないか
●歯の着色が進行していないか


など、普段からのチェックも欠かせません。歯ブラシ、歯磨き粉は、歯のコンディションにあわせて数種類を常備、デンタルフロスも化粧ポーチに携帯しています。歯と歯茎がきれいな人は清潔感がある印象ですし、肌そのものがキレイに見えるおまけも。一生続けるべきエイジングケアのひとつですね。